スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジョゼ&アルニー ベニさん就任 

今更感もありますが、ベニテスが決まったついでに

ジョゼさんが退任
シーズン中の様々なコメントからある程度予測できたこと
決まったときはさほど苦しい気持ちもありませんでしたね
ただ、やはり日がたち思い返してみると残念な気持ちが湧き上がってきます
モラやマテとの抱擁、ビッグイヤー獲得の際の涙、ウディネ戦での舌だし、ミラン戦での煽り、シエナ戦にバルサ戦…
CLでの表情はファンとして心揺れ動かされました

別れの際はゴタゴタとありましたが、それでも感謝しかありません
トレブルを置き土産に去る
残って欲しかった
ですが、野心の塊であるジョゼ
仕方が無いでしょう
別れ方としてはこれ以上ない

去り方もまたカッコイイ方でした

09^9x610_ブログ用1

mourinho_urla_ap_ブログ用1

11_ブログ用1

61560x_ブログ用1

610bsx_ブログ用1

610x-50_ブログ用1

12x610_ブログ用1

615440x_ブログ用1

61341120x_ブログ用1

wqx610_ブログ用1

来季 CLで当たることになったら…
そのときはベニテスのインテルが、あなたのマドリーを乗り越えていきますよ


そしてアルニーもさよなら
ヴェルダーへ移籍
arnautovic_inter_foto_sito2.jpg

xWFQ610_ブログ用1

出場機会は少なかった
しかし、どれだけ少なかろうと文句を垂れずその機会を待ち続け
訪れた際には全力を尽くす
若いながらもプロフェッショナルであったと思います
チームが点を決めれば大喜びをし、スクデットやコッパCLのタイトルを手にした時には誰よりも騒ぐ
愛嬌があり、好感の持てる素晴らしいプレーヤーでした
もっと見たかったとも感じますが、とにかくそのキャラクターには和まされた
ありがとう
いずれインテルへと舞い戻る可能性も無きにしも非ず
その大きなポテンシャルをブンデスの舞台で花開かせて欲しいもの


そして最も大事なこと
来季の監督
カペッロ?スパレッティ?ドゥンガ?ペジェグリーニ?まさかのゼーマン?と
幾人ものコーチの名が取りだたされましたが、結局リバポを離れたベニさんが就任

rafael_benitez_criticism.jpg

Liverpool+v+Standard+Liege+UEFA+Champions+1XfMQleuv86l_ブログ用1

article-1252693-08664F93000005DC-385_306x443.jpg

rafa-andjose_1514411c.jpg

benitez_rafael_r.jpg

多様な言語を操り、戦術的に確固たるものを持つ
現スタイルを崩さずにチームを構築できる人物でしょうし、ジョゼの後任という難しい人事を考えれば
この選択は選べる中では最善のものだったと思います
フロントの仕事は迅速で、的確でした
2年契約

CL連覇とは言わない
ただベスト16でこけるわけにはいかない
ディフェンディング・チャンピオンの誇りにかけてベスト4まで
そこまでは勝ちあがって欲しいですね
スクデットはまず逃せないもの
今年よりさらに難しいカンピオナートになるでしょうが、イタリアの盟主として君臨するために
グランデ・インテルはそうやすやすと崩壊しやしない
ベニさんにはその手腕を、存分に発揮してもらいたいもんです

来季はシティ戦からスタート
今はW杯ですが、これからは色々と楽しみですね
[ 2010/06/12 17:00 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)

McDonald Marigaいらっしゃい&mancini さいなら 

McDonaldMariga_2413289.jpg

Kenya-08-adidas-golpe-white-white-white_R.jpg

126005-500.jpg

125963_R.jpg

125974_R.jpg

レデスマ?シンプリシオ?ベローゾ?マニー?と様々噂が飛び交っていましたが結局直前にいきなり出てきたマリガが加入しました

少しビックリ
パルマ戦で気になった選手だっただけに嬉しいですね。まさかまさか

ということでVSパルマを見返しどういうプレーヤーか探ってみました
まあこの1戦しか見ていないので一概には言えない部分もあるとは思いますが一応

まずアフリカンなだけあって身体能力は高い
当たり負けすることはほぼありません。

割と器用でもあり、浮き球などの難しいボールもうまく処理できます
ただあまり高度なことは期待できませんね
器用といってもそこそこ…といったところ

走りこみのセンスには難あり
多少攻撃に対して消極的な部分もあるかもしれない

守備時の対応は○
1vs1の場面ではそう簡単に突破させない
ですが、純粋なボール奪取力はさほど。

試合中1度だけ放ったロングパスの精度は中々のもの
これが毎回出せるのだとすればいいオプションになりそうかな

また終盤になってもプレーの質が落ちていなかったのも良いポイント
むしろ上がっていた箇所もあった
この辺は大器を匂わせます

全体ではまだ未熟さが否めませんが、その分伸びしろは十分
ミスも少なく現時点でも起用可能なレベル
スタイル的にはムンタとモッタを足した感じでしょうか

今日のヴィオラ戦で早くもデビューということもありそうです。楽しみ

mancini1_R.jpg

またマンシーニはお隣へGOしました。
なんだかんだで結局は移籍となりましたがこちらとしてはありがたいですね

中々愛嬌もあったし好きだったんですが、なんと活躍できなかったことをインテルのせいにするとは。
残念
出場機会は十分に与えた
それを活かせなかったのは自分の責任
それが分からないかぎり復活は夢のまた夢
同じ6ヶ月を過ごしたいならそれでいいでしょうけど
[ 2010/02/04 01:32 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。