スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

運命の結果 

今日メアッツァで行われましたけど 真に残念負けてしまいました。←小っちゃ

インテルは前半から攻撃の嵐!!

サポーターの「インテルはミラノの誇り」

の横断幕を胸に

ピッチにたった選手たちは、猛攻をしかけ カンビアッソ、クルス、イブラなどがドンドンチャンスをつくるもゴールが遠く、
相手キーパーのレイナ、マスチェ・ルーカスのボランチに防がれてしまう

イブラの絶妙なタイミングでの、パスにクルスが反応
しかし、これもはいらず
しかも、後半には1stLeg同様にブルディッソ退場で10人に 
この時点で、危ない雰囲気は漂ってたんですが・・・

やっぱり、ロングボール主体のリバポも トーレスにボールを集めチャンスをつくっていて
ヒヤヒヤさせられました 

一方のインテルは、イブラがリバポの脅威となっていました。

しかし、63分 

左のアウレリオからの軽いクロスにニアのトーレスが反応
トラップして、ワンバウンドのボールを ファーじゃなくてニアにつきさす
外れろと思いましたが願いは届かず

しかし、浮き玉に強いトーレスらしい見事なゴールでした。
そして、試合はこのまま終了

インテルVSリバプール


本当に残念だ~~
イブラも
「10人になってからも、ベストをつくしたが、これ以上はなにもできず 攻め続けても
ゴールを決めれなかった。
運がたりなかった」
と試合後言っていました。

今年もインテルは敗退
やっぱ内弁慶かぁ
とか思っていたときなんと、マンチーニが

「今期限りで辞任するつもりだ」

と発言
マジか  
と驚きましたが国内では、強いもののCLでは結果を残せていない状況
なんだから仕方がないかと思いました。

来期からの監督は誰かなぁ~とおもっているんですが
やっぱモウリーニョか、リッピかと思います。 

イタリアをW杯優勝に導いたリッピ

かたや、

チェルシーを黄金時代に導いたモウリーニョ

どちらも実績は十分
でも、イタリアサッカーを熟知したリッピの方がいいかと思います。

まあこの2人と限られたわけではないと思うんですが、リッピに来てほしいっすね~ 

ま、とにかくイブラも言ってましたけどこれからはセリエとコパ・イタリアに集中してほしいです。
はあ~あ
スポンサーサイト
[ 2008/03/12 23:14 ] CL | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。