スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL ファイナル VSバイエルン・ミュンヘン 




Campione d' Europa


t r i p l e t a




無題

溜めて溜めて書くという粋なことしたろーと思ってたんですけどねえ
無理ですねえ これは
まあそれが粋なことかどうかもなんかモヤモヤしてますからねえ

20100523104612.jpg
ルシオ復帰
サスペンションのモッタの位置にはカピターノを
空いた左にはキヴを配置し、サイドにはパンデフを選択


Scarpini



Recalcati



130999.jpg
bernabeu_finale_champions_bayern_monaco_inter_gol_diego_milito.jpg
610x-5_20100523230334.jpg
610x-2_20100523230833.jpg
bernabeu_finale_champions_bayern_monaco_inter_esultanza_milito_20100523230832.jpg
bernabeu_finale_champions_bayern_monaco_inter_milito_gioia_gol.jpg
131001.jpg
610x-38.jpg
610x-43.jpg
x610-13.jpg
610x_20100523231256.jpg
610x-57.jpg
x610-19.jpg


130986.jpg
610x-56.jpg
610x-59.jpg
6Inter10x-1.jpg
610x-51.jpg
610x-58.jpg
milito_esulta_secondo_gol.jpg
610x-37.jpg
610x-46.jpg
610x-39.jpg
610x-42.jpg
610x-41.jpg
610x-45.jpg
130996.jpg
x610-14.jpg
esultanza_secondo_gol_stankovic_milito.jpg
x610-20.jpg
610x-44.jpg

正しく集大成
今季のインテルを象徴するかのようなサッカー
堅い守備からの鋭いカウンター
これぞ という試合を見せてくれました

基本は守備に比重を置きつつ、時に前線から激しく寄せ素早く攻撃へ転ずる
カウンター主体ではあれどどういう状況でも陣形をコンパクト保ち
ほぼ乱れることが無いため、攻撃と守備
そのどちらもがバランスよく混ざり合っている
もはや強みでもある守備ブロックのまとまりはこの試合でも最高のモノでした

ただ前半は少し受身になり過ぎな印象も受けた
相手に持たせてラインを上げさせてからの速攻を狙っていたんでしょうし、実際ハマったんですけどね
そりゃもう本当流石だと思います

でも、少々過度に受け手へと回りすぎなんじゃないかなという印象を受けました
相手にボールを握られても常に適切な対処をし、最後の局面ではそう簡単に打たせない部分はパーフェクトでしたが
序盤は攻撃の面で物足りなさが残ったかな

しかし、抜け目なさをこの舞台で発揮してくれたのは素晴らしい
あれは狙い通りだったんじゃないでしょうか
人数をかけずあくまでシンプルにゴールへと繋ぐ
それまではそれが最後まで中々いききれませんでしたが、
個人個人のクオリティーの高さが壁を突き破った
ジュリオの正確なフィード、ディエゴのポストと動き出し、スナのスルーパス
カッチリとハマりました

これによって相手に焦りが生まれ、それと同時にインテルには余裕が出来たと思います

以後はよりカウンターが冴えていきましたし、チャンスの数自体も増えた

とはいえ、バイヤンもそうやすやすと引き下がってはくれない
がしかし、やはり堅い守備
センターのクチュ、カピターノの広範囲に渡るカバーは大きかった
今季のインテルの熟成度を現すかのような最終ラインとの緻密なコンビネーションやシュートコースを潰す動き
ここというタイミングでのチェック
一人一人のカバーリングへの意識も良く、特にエリア付近ではそれが本当に細やかで見てて安心できましたね

少しキヴが不安定で、ここをロッベンにヤラれるシーンこそありましたが、
なにより組織として崩される ということがなかったことが重要だった
確かに個によってゴールが生まれるということもありますが、それは相手に対して危機感を抱かせるものじゃないでしょうし

もちろん2列目の3人の働きも忘れちゃいけない
攻撃時も守備時も大きかったでしょう

押し込まれた時には引いて戻り、守備へまわる
ボールを奪取すれば素早く攻撃へと切り替える
スナを基点としたスピーディーな攻撃
両サイドも奪えば即オフェンスへ走り、スムーズなカウンターを演出
攻守のギアチェンジという意味でも、引き気味だった陣形の中では欠かせないものでした

そして最後の局面で違いをつくったディエゴ
感謝しか無いですよ もう
x610-12.jpg

DFを背負いながらの正確なポストプレー、フィニッシュの巧さ
くさい言い方ですが全てが輝いていました
文句なしで今回の主役
最高のストライカーでありながら自己犠牲の精神もある
少し前までは調子を落としてるかなという印象でしたがやはりコッパで一気に流れを変えましたかね
この大舞台でのドッピエッタ
凄すぎた
途方も無く有能なフィニッシャー
今更ですが謝りたい! 加入当初少し懐疑的な見方をしていました
歳食ってるしな~と ビッグクラブで通用するのか?と
本当申し訳ない
無論試合を重ねるたびにそんな考えもどこかへ吹き飛んでいってましたけども

チームとして完成されたサッカーを披露し、シーズンを通してチームを救ってきたディエゴが勝負を決める
なんとまあドラマチックなシナリオ
終わってみれば最高でした

38年ぶりの決勝
45年ぶりのビッグイヤー
初のCL優勝

おめでとうインテル
おめでとう モラ、カピターノ
ありがとうございました ジョゼ

文字じゃ味気ないですが、本当有り難い

悲願、念願…
願い続けて45年
あまりにも長いものでした

今後人生でこれ以上の喜びを味わうこともそうそうないんじゃないかと思います
でも多分また優勝したら味わうでしょう

3 冠

イタリア勢初
プレミア、リーガ、ブンデス王者を乗り越えてのビッグイヤー
正真正銘チャンピオンズ

グランデ・インテル です

+長くなりそうなので画像はまた新しく載せます

スポンサーサイト
[ 2010/05/23 23:33 ] CL | トラックバック(-) | CM(2)

まいどまいどスカルピーニは熱いですね
いつも勝った試合の後はこのハイライトを見て余韻に浸ってます(負けたりしたら、見ません だって…)
Recalcatiもまたいいですよ~ 載せときます

尋常じゃない年数を重ねてきました
涙も笑顔もなにもかも出ます そりゃ
たまらんですよ
インテルが王者だ
[ 2010/05/25 01:59 ] [ 編集 ]

ゴルゴルおじさん血圧上がりすぎて倒れなけれないかなと心配するくらいのゴルゴルでした(笑)
(歓喜の)涙ばかりでしたが彼が笑顔をくれました。

冒頭のプロモも勝つと添えられた花になって最高です。
[ 2010/05/24 11:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。