スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第36節 VSラツィオ 

lazio-e_20100504013156.gif  VS  inter-e_20100504013156.gif



 0     -    2

         ・サム
         ・モッタ
-------------------------------------------------------------

610xtw.jpg

wqx610.jpg


x610_20100504013154.jpg

610x_20100504013155.jpg


129986.jpg
129988.jpg
129990.jpg
129991.jpg
129993.jpg
xwww10.jpg

130000.jpg
130002.jpg
130003.jpg
61sf0x.jpg
130004.jpg


順当に勝利
磐石の試合展開でした
前日にローマがパルマに勝利を挙げていたため、是が非でも勝利が必要だった試合
このポイント3は大きいでしょう

疲労からかパフォーマンスが低下気味にあったディエゴを休ませ、エトーを1トップへ配置
2列目にスナ、モッタ、マイコンを並べたこの試合

前半からペースを握り、中盤でボールを保持しつつ全体で押し上げゴールを狙うという形
1列前へ上がったマイコンは、より攻撃へ比重をかけることができオフェンス時の幅を広げる役割をこなしてくれていました
時に逆サイドのキヴも上がり、うまく前線のスペースを突いて攻撃を仕掛けられていたと思います
デキやモッタも攻め上がりの意識が高く、相手陣内でうまくボールがまわせていたんじゃないでしょうか
試合の入り方としてはいい手応えも掴めたかなと
相手のカウンターのチャンスもクチュやカピターノがカバーに入りDFラインと連携して潰す
ある程度ゲームの流れは掴むことができていたでしょう

ただ若干個人個人のミスが足を引っ張ってしまったか
エトーはトラップミス等によるボールロストが多く
スナもパスがズレ気味
やっぱり疲労の色は濃かったかといったところで…

そういった細かな荒さが響きボールは握っているのにゴールが遠いという状況に陥ってしまった

やはりそう考えると前半終了間際の得点は大きかったんだなと
インターセプトから素早く上がり、ヘッド

サミーよくそこにいてくれた

攻めているのにゴールが生まれない
いやな雰囲気になってきたところで、うまくリードし後半へ望むことが出来たのはよかったなと思いますね
これにより精神的な部分で楽になったでしょうし、余裕を持てるようになり、モッタのゴールが生まれた

スナも少し精彩を欠き気味でしたが、最終的には仕事をしてくれました
ラツィアーレも喜ぶ

守備は終始安定しており、相手のサイド攻撃に対してはカピターノやキヴ
中央からの攻撃はクチュを中心にシャットアウト
サラテの様に個人技から打開を狙う選手に対しては、無闇に当たりにいかず
スペースを消し、シュートコースをカバーすることで対応
守備陣は常に冷静に相手の攻撃を抑えていたと思います

これで1位奪取
残る2試合で一番の難所と思われたラツィオ戦でしたがこれでさらにスクデットへと近づけたか
ただし、3冠達成のためには全てで気が抜けない
キエーボ、シエナも油断なら無い相手
1戦1戦慎重に勝利を積み重ねて欲しいところ

と、その前にコッパ
まずは1冠を手に入れるため、リベンジを果たす為にもローマを倒してもらわねば
ここでの勝利はスクデット争いにも多少の影響をあたえるはず
今季まだ勝利できていないローマに決勝で勝つ
いける
スポンサーサイト
[ 2010/05/04 02:28 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。