スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第34節 VS囚人軍団 

inter-e_20100417182433.gif  VS  juventus-e_20100417182433.gif


 2     -    0

・マイコン
・エトー
-------------------------------------------------------------
inter_juve_1_R.jpg

inter_juve_3_R.jpg


dst610x_R.jpg

611110x_R.jpg


ほれ見たことか
落ち込むな 必然

ここを勝たねばスクデットは絶望的に…
という中でのイタリアダービー
スタートはもはやお馴染み4231
サイドを少し替えたか
右にエトー、左にパンデフ

いや、終わってみれば2点差
立ち上がりは正直悪かっただけに

前線こそ積極的にプレッシャーをかけるものの、それが後方で続かず容易にゴール前まで運ばれ
フィニッシュへ持ち込まれてしまう
個々も1vs1の対応やコースカバーなどで鈍さが残る
スペースも与えてしまってましたね
危うく早い時間帯で失点を喫してしまうところだったもののなんとかセーフ
その後は徐々に押し返していく展開
エトーやスナ、モッタなどが攻撃のリズムをつくり、ゴールへと迫りだす
インテルがボールを持つ時間が増え始め、段々とチャンスも多く

エトーは自在なポジショニングからボールを引き出し、モッタは中盤の深い位置から長短のパスで組立にアクセントを
クチュも機を見た攻め上がりからの攻撃参加やパスカットで貢献
マイコンも効いていました

序盤は割りと拮抗しており、互角の戦いだったものの25分辺りからは大勢を握れたんじゃないでしょうか
相手の引き気味の布陣に対し、冷静に繋ぎつつ対処
ユーべ側のアクシデント(シッソコの退場 アクシデントというにはあまりに軽率だなとも思いますが)以降は
完全にインテルペース
俄然ポゼッションを握る展開となったもののガッチリと守る相手に対しネットを揺らすまでには至らず

立ち上がり数分は守備陣の乱れが目立ち、相手の勢いに押されたものの
時間と共に持ち直し、ペースを掴んでいったかなという印象の前半

後半
モッタと替えデキを投入
10人となり後半もガッツリ引いてスペースを消してくるかと予想されたユーべだったものの
実際はそうでもなく
むしろ、ラインは上げ気味にも映りました
あくまで勝負に拘ったのか、ただインテルにとってはその方が好都合だったでしょう
正直なところ相手の攻撃に迫力は感じませんでしたし

が、しかし…
奪えない
完全に引きこもる相手に対してよりはやりやすかったでしょうが、スナ、マイコン、デキが供給していくボールが納まらず
相手の守備陣の集中もありクリアの連続で得点へと繋がらない
エリア外からのミドルなどで局面打開を狙うも枠の外

時間がたつにつれスコアレスも現実味を帯び始めたところで…
マイコン

inter_juve_maicon_gol_R.jpg
617570x_R.jpg
x642410_R.jpg
x61d0_R_20100417182849.jpg
x632110_R.jpg
129302_R.jpg
611w10x_R.jpg
129292_R.jpg
61640x_R.jpg
129288_R.jpg
61vsv0x_R.jpg

お見事なゴラッソ
右FKからのからのこぼれ球をパーフェクトなコントロール
そのままシュート体勢へ入り右足一閃

数的有利という要素含め、ほぼこれで決まりでしたね

その後はユーべの反撃も流れの中ではキッチリと抑え、唯一不安だったセットプレーでも
ジュリオーネを中心に守りきる
逆にマリオのFKやディエゴの1vs1で追加点のチャンスを掴んでいき、エトーの一発
610dax_R.jpg
129299_R.jpg
inter_juve_eto_o_gol_R.jpg
61ww0x_R.jpg
610x_R_20100417183359.jpg
61560x_R.jpg
x610_R_20100417183514.jpg

61ftkr560x_R.jpg

ムンタさんのシュートがラッキーなことにエトーの前へ
しかし、きちんとラインを抜けて詰めている辺りは流石か
(ジジとの2vs1のシーンでは決めてもらいたかったものの)

2-0
マイコンの先制点まではドローすら考えられていただけにこの勝利は大きい
ディエゴが不調、スナも少々精彩を欠いていた中でも完勝

2-1?2-0でしょ
これで今季は2勝1敗
そら見たことか

この日最も良かったのはマイコンでしょう
129307_R.jpg

攻撃時の存在感は流石のもの(クロスが残念ですが)
守備時にも踏ん張り、なにより1点目
あれでチーム全体に余裕がきでたでしょうし、重苦しい空気を打ち破った一発はデカイ
ありがたや しかし、2点目直前で倒れこんだのが不安
怪我なんてことのありませんようお願いします…

一方でディエゴが不調
129309_R.jpg

簡単なシュートを外し、ポストワークも冴えない
動き出しの質もあまり…
現時点ではエトーを1トップに配置した方がいい気もしますね
ポジションを替えるとか、この際ベンチに置くとか
マリオやレスマでは信頼を置きづらいかもしれませんが…


スクデットのためにもこの1勝は大きな意味を持ったと思います
ローマへプレッシャーをかけたと共に、バルサ戦へむけひとついい自信になったかな
ここのところCL前は悪い結果であった方が逆に良かった為そこが少し不安ですが(笑)
スポンサーサイト
[ 2010/04/17 19:24 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。