スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL 準々決勝2ndLeg VS CSKAモスクワ 

無a題_R


128857_R.jpg
直前に負傷欠場かと騒がれたスナも問題なくスタメン入り
ルシオも戻りほぼ万全といえるスカッド
システムは4231

128876_R.jpg

128870_R.jpg

128859_R.jpg
Part-3825-128843.jpg
punizione_sneijder_ap_R.jpg
cska_10_672-458_resize_R.jpg
610x_R_20100408012238.jpg
67910x_R.jpg
128861_R.jpg
cska_inter_champions_sneijder_materazzi_chivu_ap_R.jpg
61hsw0x_R.jpg
x610_R_20100408012531.jpg
128863_R.jpg
x65310_R.jpg
cska_inter_champions_sneijder_pandev_ap_R.jpg

ついにここまできました
省エネプレーも目立ちましたが、しかし余裕を持ってベスト4

立ち上がりから大きな問題もなくコンパクトにまとまった陣形
どちらもまだ様子見段階か
といったところで欲しかった先制点がなんともまあアッサリと決まる
ゴール前のFKからスナ
アキンフェエフとしては味方選手がブラインドになったかグラウンダーのボールが突き刺さりゴール
かなり早い時間に奪え少し驚きました
今回はこちらの得点だったからいいものの、流れとして悪くないというのにセットプレーで決まってしまう
やはり怖いものです
その後もスナに集めつつ攻撃の糸口を探る展開
しかし、CSKAも3点を奪うべく積極的に前へ出てプレッシャーをかけていく

前回ほどワンサイドではなく50/50といったところ

1stではボールを支配し、まわしつつゴールを狙う形が多かったですが、今回はカウンターでシンプルに迫っていく形
2戦合計で大きなリードを奪ったため、リスクは避けたといった感じですかね
が、正直ところどころでのチェックがあまくプレッシングを怠りパスを通させすぎた感があります
最終ラインで防ぎきっていたものの、底から前の寄せがあまく簡単にゴール前までの侵入を許してしまった
多少緩いなと思われる部分もありましたし、集中力を欠いている印象を受けた選手もいた
大きなリードを保っているとはいえ、何が起こるか分からない
場面場面で懸命さに欠く選手がいたのは残念
組織としてではなく個として守ってしまっていたため相手のペースを崩せず危険なシーンを何度もつくられ…
攻撃面でも個人のミス等でチャンスをフイに
特にパンデフ
カウンターのチャンスでボールにカラムことが多かったですが、いいポジションで貰っても失ってしまい
内へ切り込むも効果的なプレーは見せられず
何度か裏へ抜けたエトーへパスを供給しようとチャレンジしていましたが、それも予測しやすいもの
もう少しサイドで持ったときにパターンが欲しいか
本人も懸念していたピッチによる影響かどうかは定かじゃないも、トラップやパスにもズレが生じていたかと

先制点を奪い精神的に少し楽になりすぎてしまったかもしれない
先述の集中力を始め、ルーズな対応が目立ち危なくCSKAに勢いを持たせてしまうところだった

リードを守りきるというスタンスで臨むなら、それらしくしっかりと守ってくれよと
前半は攻守に半端にだったかもしれません

スコア自体は良いものの、流れとしては不満が残った前半を終え迎えた後半
またも開始直後に驚き
CSKAのオディアーが2枚目のイエローで退場
cska_18_672-458_resize_R.jpg

途中交代からの退場…
ムンタさんかと まあアレよりは幾分マシではありますが
少々気の毒さも残ったものの、これでインテルとしてはかなり楽になった

10人vs11人となった後、すぐは大勢も変わらなかったものの相手陣内によりスペースが生まれ
守備時にも対応しやすくなっていたのは確か

キヴを入れ4312へとシフトした後は、ボールを獲れば丁寧に繋いでいくというスタイルへ
相手にボールを握らせず、追い上げへのムードを打ち消す
無理に前へでることはせず、あくまでショートで繋ぎつつオフェンスを展開
序盤は難しかったですが、この辺りからゲームのペースを掴み、割と安心して見ることができましたね
やはり人数差というのは大きい
それでも何度か与えてしまった同点のチャンスもヒヤリとしつつ防ぎきり加点こそならずも試合巧者で終了

61ada0x_R.jpg
61egt0x_R.jpg
61we0x_R.jpg
cska_22_672-458_resize_R.jpg


結果としては大変満足
しかし、内容としてはイマイチ
リード後の緩さ
相手にリズムをつくらせてしまいましたからね
相手によりフィニッシュの精度があればあるいは…ということも有り得た

慣れない環境や疲労もあったかもしれませんが、、

チェルシー戦並とは言わない
圧倒的有利な立場になりながら変にスタミナを必要とすることを要求するのも可哀想だとも思います
しかし、ある程度でもより前から厳しくいかないと痛い目に合う可能性もある

スナの先制点が逆にチームの姿勢へ影響したかもしれませんが、まあでもなんだかんだいってベスト4
ここまで来られたというのが何より重要なこと

相手がバルサともなれば、選手たちも一層気を引き締めてくれることでしょう

やっとまたここまで来ることができた
けれどまだ、高い高い壁がある
GLではアウェーでボコボコにされた相手
メッシは好調みたいじゃないですか
が、インテルもまた進化し続けている
全員が最大限の集中力を保ち、全身全霊を捧げチェルシー戦の再現を

正直ベスト4までこれたことも十分嬉しい
ですがここまで来たのです
ビッグイヤーという夢を 見たいじゃーないですか
まだ道は険しい
ビッグイヤーを意識するのも早すぎるかもしれない

真に優勝をターゲットとするためにも準決勝
死ぬ気で立ち向かってくれ
スポンサーサイト
[ 2010/04/08 02:19 ] CL | トラックバック(-) | CM(4)

>batiさん

少し判断のスピードが遅れてますかね
パスにしても仕掛ける場合にしても緩急というか、選択肢の幅に欠ける
バルサとなると小さなミスが大きなピンチへと繋がるわけですから、たとえ細かな部分でも最大限の集中力を保たねばならないと思います
パンデフの持つ能力はこんなものではないはず
出来ればバルサ戦までに改善してくれれば…

ともあれ、今のインテルは前回対戦時より組織として纏まっているでしょう 奇跡とも言える偉業を成し遂げてもらいたい
[ 2010/04/09 02:00 ] [ 編集 ]

>ぺぺぺ さん

嬉しすぎますね
未だにわかには信じられません
しかし、ここまできたのですからそろそろ優勝も現実的に…
次の相手バルサはチームとして1枚も2枚も3枚も上をいっていると思います
ですが、よく言われるように不可能はない
たとえ30%程度の可能性しかないとしてもその可能性に賭け、歴史に名を刻んでもらいたい
ジョゼとこのチームなら何かをしてくれるはずです
[ 2010/04/09 01:55 ] [ 編集 ]

自分も最近パンデフが気になるんですよね…。なんか1つボールを余計に持ちすぎるなと。それでボールとられてカウンター→パンデフ必死で追いかけない→ピンチ!!てな感じで。これから(特にバルサ戦)もうちょっと判断が早くなるといいんですけどね。

バルサ戦はメッシ怖いけどまあ楽しみですね。GL時とは違うってことを見せ付けてやりたいです!
[ 2010/04/08 17:27 ] [ 編集 ]

内容はともかくベスト4進出はとても嬉しいです。長かった!
45年ぶりにインテルへ勝利の風が!!

準決勝はバルサとネガティブになりがちですがジョゼの戦術と分析があるし、勝つにはチェルシー戦のようにどれだけパフォーマンスを披露するか、選手たち自身にかかってると思います。
[ 2010/04/08 06:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。