スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL 準々決勝 1stLeg VS CSKAモスクワ 

re_R.jpg

610jx_R.jpg

128513_R.jpg

x610_R_20100402022443.jpg

xuuu610_R.jpg

23_R_20100402022643.jpg
610564x_R.jpg
6121410x_R.jpg
22_R.jpg
610x_R_20100402022641.jpg
inter_cska_milito_esulta_ap_R.jpg
inter_cska_eto_o_milito_ap_R.jpg
21_R.jpg
6aw10x_R.jpg
128518_R.jpg
128517_R.jpg
24.jpg

ルシオ、モッタがサスペンションにより出場停止
CBはマテ、サムコンビでした
システムは4231
久かたぶりの準々決勝!

試合は序盤からインテルがボールを保持する展開
CSKAは予想通り奪って速攻のスタイル
全体で引きつつ獲ったら押し上げ、攻撃へ転換
インテルはその裏を突こうとフィードを狙ったり
もしくは、速い組立からの攻撃で対抗

この日センターに入った2人 デキ、クチュはうまく散らしていましたね
スペースもケアしつつ、機を見た攻め上がり
両人間での意思疎通もしっかりと出来ていたと思います
互いによくフォローしあいチーム全体に冷静さとテンポをもたらしていました
ここがタイミングよく押し上げくれていたことでうまくボールも回っていたんじゃないでしょうか

ローマ戦等でのパフォーマンスからデキの調子が心配でしたが、今まではこの試合へ向けたウォーミングアップだったのか
それも困りますが、攻守に抜群の安定感を保ちグッドパフォーマンス

前線のエトー、パンデフ、ミリートも流動的に動き回り相手を揺さぶっていましたが
バイタルで中々受けられず決定的なシュートというものが欠けてしまった
基本的にノッポでフィジカルの強い守備陣が相手だったため競り合いもモノにできず。。
パスもあと一歩をカットされがち
CSKAは引いて人数をかけスペースを消してきていたためカットもある程度は仕方がないかもしれない
しかし、相手が揃いきっていない中でカウンターを発動してもクリアされてしまっていたのは…

前半は各エリアで支配できていたものの、相手の集中力もありゴールならずといったところ
もう少し自らいく姿勢が欲しかった様にも思いましたが、流れはガッチリつかんでいましたし
崩しきれないことには多少イライラしたものの問題はあまり見られない45分でした

CSKAの速攻が思っていたほど鋭くなく、スピードもさほどだったのは助かりましたね

変わって後半
相変わらずポゼッションは握る
がしかし、ここ最近の課題とも言えるゴールへ迫れない
いいところまでは持ち込めるものの、フィニッシュがうまくいかない
というシーンが目立ってしまった

もっと前線には裏も意識してもらいたいか
受けることばかりを気にしすぎ、逆にゴールから遠ざかってしまった
サイドに流れる動き等に関しては悪くなかっただけに、もう少しでもそこを突き詰めることが出来れば
ゴールパターンも増えると思うんですけどねえ
エトーさんは何度かそれを狙っていましたが、全体でそういった意識は必要でしょう
単発では効き目も薄い
せめてスナが持ったときくらいは、積極的に狙ってみて欲しい
相手のラインが高ければロングフィードから一気に…
も、ありえることですが、あまり高く配置せずエリア付近を固めてくる戦術の場合そういう動きは重要
ショートでの展開となった場合に、オフ・ザ・ボールでの動きが単調

サイドで持ったときのサポートも少ない…
これは正直今にはじまったことじゃない
当分前からインテルの課題とされてきたこと
中々改善されないだけに、もう目をつぶるべきなのかもしれませんが
折角チャンスが広がりそうだという場面なのにみすみす潰されてばかりでは勿体無い
もう少しでもなんとかなればいいんですけども…

中々得点が奪えずヤキモキさせられる時間帯が続きましたが、やはりここはディエゴ
狭いスペースの中仕事をして1-0

その後も手を休めず、猛攻を仕掛けるもアキンフェエフの好セービングもあり加点はならず

まあ1-0も許容範囲と言わんばかりにガッツリ引いていたし、
アキンの超パフォーマンス含め仕方なかったかもしれない
しかし、それでも不満は残る

どうにも崩しの局面で迫力がない
ゴール前で持っても、崩しきれずに半端なパスやシュートでフィニッシュの精度に欠き結果的にクリア
いくらゴール前という危険なエリアまで持ち込めても、内でタイトに守る相手をこじ開けられない
チャンスメーカー、フィニッシュワーカー、バランサー
やはりここに自ら仕掛けチャンスの幅を広げたり、相手を引っ張り出すことの出来るプレーヤーがいれば…
パンデフはパス精度もいいし、内へ切り込んだりなどサイドでもいいモノは見せてくれる
しかしエトーは…
こちらが引き、相手の裏のスペースを狙うような展開であれば活きてきますが
今回のようにこっちが攻め立てる側だとサイドでもっても足元があまりなエトーは失ってしまうことが多い
まあセンタープレーヤーなんですし半ば当たり前だともいえるんですけどね…
エトーさんはそんな中でもよくやってくれている方だとは思いますよ ハイ
エトーの場合自らいくのではなくワンツーなどの連携であのゴールセンスは活きてくる
しかし、エトーがサイドで持っても強制的に1vs1
誰か寄っていってやってあげれば…

とにかく感想としては終始押し込んでいたのに1点か~といった感じ
もっとリードを奪っておきたかったなと
何度か訪れた危険なシーンも抑え、アウェーゴールは許さなかったもののホーム1stLegなだけに…
前後半通して迎えたチャンスをモノにできなかったのが悔やまれる

ただ勝利は勝利
スコアレスという結果もありえていただけに、1点差であれ勝ったことは大きい
が、次はアウェー
ジョゼも言っていましたが、まだ折り返しただけ
CSKAのホームは人工芝や寒さなどの地の利がある為1点のリードも油断ならない
ホームで1点しか獲れなかったから…
なんてことのないように

個人個人ではデキくらいでしょうか
128520_R.jpg

相手の寄せを軽くいなし攻守に見事なバランス
パスの質も良く、中盤を底からコントロールしていました

バックラインもよく集中していた
若干不安視すらしていたマテでしたが、舐めんなよと
すいません
128543_R.jpg
右に置かれたためお得意のフィードはズレ気味でしたが、守備に関してはキッチリシャットアウト

128547_R.jpg

サムと相手のカウンターをよく潰していました

マイコンは積極的にオーバーラップを試み、攻撃に奥行きと幅を与えていたし
カピターノもクラシッチ等とのマッチアップでよく踏ん張っていた

多少無念さも残る結果ですが、モスクワで先制点を奪えればより優勢になれる
ベスト4へ!
スポンサーサイト
[ 2010/04/02 03:42 ] CL | トラックバック(-) | CM(4)

この試合に限らず左からの攻撃はあまり見られませんからねえ
そういうことを踏まえたうえでは悪くなかったと思います

ただもっと上がって欲しいというのも分かる
左は開いたエトーが一人で頑張ってる感じでしたから
右のマイコンが上がりまくっていたためバランスを崩すまいとしていたのかもしれませんが、クチュ・デキがいいポジショニングで後方をカバーしていただけにもっと積極的にいってもよかったかもしれませんね
[ 2010/04/02 21:19 ] [ 編集 ]

デキは今シーズン最高のプレイでしたね。守備もよくこなしていたし、攻撃にもよく顔を出してくれていたので良かったです。なだけに1点止まりだったのが残念…。

サイド攻撃に関してはやはりカピタン左だと物足りないなと…。後半に一度良い上がりを見せていただけに出来れば前半に一回だけでも上がって欲しかった…。クラシッチを見なきゃってのはわかるのだが、クラシッチが自陣に戻った時まで残っていなくてもいいと思うし、もうちょっとサイドに流れた選手のサポートには上がって欲しかったです。まあ疲れがたまってただけかもしれないし、ボローニャ戦で休めるので次のアウェーに期待します。
[ 2010/04/02 21:08 ] [ 編集 ]

デキ良かったですね
万全の出来であれば、クチュとのコンビはヨーロッパでも屈指の安定感ですよ
もう歳も歳なだけに、毎試合…
というのは厳しいのかもしれませんが、こういう試合では頼りになる
カンピオナートでも見せてくれるといいんですけどね
マリガなんかと回していければなと思います
[ 2010/04/02 15:59 ] [ 編集 ]

デキに釘付け

クチュ以上の守備を披露していた様に見えました。攻撃にも積極的に参加して上がっていたのも良かったです。カンピオナートでもこの試合のようなプレイ(気持ちだけでも)をして欲しいですね。
[ 2010/04/02 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。