スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第31節 VSローマ 

roma-e_20100328161743.gif  VS  inter-e_20100328161744.gif


 2     -    1

・デ・ロッシ    ・ディエゴ
・トニ
-------------------------------------------------------------
20100328044314_R.jpg
4312
左SBはカピターノ
2トップはディエゴ復帰でエトーとのコンビ
中盤にスナも復帰

61sas0x_R.jpg


128435_R.jpg
128436_R.jpg
65510x_R.jpg
x610_R_20100328162109.jpg
610x_R_20100328162109.jpg
610rewx_R.jpg
x231610_R.jpg

非常に悔しい
が、認めざるを得ない
ローマの方が良かった
よりしっかりとルーズボールを拾い、よりハッキリと恐さを発揮
失点シーンでのジュリオのミスについてより、まずチームとして反省すべき

ゴールへ近づく明確な形をつくることができない

ここ最近4312だと攻撃時に手詰まりがちになってしまい、
結局ボールロストに繋がるということが多々見られる
シフト後により流動性に富み、ピッチをワイドに使える様になっていたことからも
現状では433の方をメインにしていいんじゃないか
駒不足かもしれないけど、4312だと切り崩せない

人数的なギャップが生まれてしまうとスペースを潰されアタフタ
中盤の押し上げというものの重要性をヒシヒシ感じましたね
相手の方が切り替えが早く、集中していればカウンターに出ようにもコースを消される
瞬時の判断
守→攻へ転じる時にボールホルダーへ合わせ押し上げる
キッチリと守る相手にはこれをキチンとしないとチャンスすらつくれない

マイコンが上がってくることで、パスコースや幅は広がるものの肝心のクロスがダメダメ
ただエリア内が薄すぎたというのもある
仮に完璧なクロスを送ったとしても、乱れずに揃った相手に対し1~2人しかエリア内にいないとなると
どっちにしろ…
ただでさえ高さが無いのに+αまであってはどうしようもない

主審に流れを断ち切られるシーンも目立ったけれど、とにかく時折引き出しが少なってしまうのは痛い

結果は結果
仕方が無いでしょう
正直こちらのゴールもオフサイド
ダメですね
ローマの方が勝っていた。意識の統一具合、ポイント3のためにどうするべきかをより理解していたと思う
これでは明らかにダメ
結局いつも考えるのは個の欠如
エトーさんもセンターでは良い。一歩下がってパスコースを確保してくれるのもありがたい
ただ個人技という点では期待できない。サイドに開いた それから… は無い
打開策が無く、結局バックパスから組立直し
何も変わらない

トニにポストワークを許し、ここで基点をつくられてしまったのも、スナを潰されリズムをつくれなかったのも痛い
どうしたものか
立ち上がりから何分かまでは積極的に攻撃参加していたデキも結局徐々におとなしくなり、単調な攻め
前を向いたときに、相手が綺麗に揃っているとこじあけられない、押し込めない
最初の方は決して悪くなかった
が、段々と迫力を失ってしまった
中盤は消極的になり、トップは動きを失い。。

モッタにせよデキにせよもっと継続して走らなければならない
128429_R.jpg
128432_R.jpg

エトーがサイドに開き、ミリートが中で構え、スナが持っても選択肢が少ないから予測しやすく対応も簡単
こういう時にセンターはガンガン上がってより厚みを持たせてもらいたい
切り替えが遅く、低めの位置で散らすだけ
それではゴールも遠い
より上がりより走る
守備の面でも攻撃の面でも妥協できないからこそ運動量は大切

個々の判断スピードも正確性もオフ・ザ・ボールでの質も…
残念ながら負け
サイド攻撃が右に偏っていたり等ここ最近の問題点が顕著に表れてしまった
より良いチームの勝利
引き分けたかった
しかし、これもフェア
必然的とも言えます

次節へ向け累積も溜まり倒し出停も大勢
カピターノ 残念無念…
おだやかでない

ただチェルシー戦前もカンピオナートでは勝てていなかった
つまり…
CLで勝てるのならリーグ戦は大目に見る
スクデットは捨てたくは無いけど、とにかくCSKA戦
この負けに対する怒りをパフォーマンスへ還元できるかどうか
イライラするんじゃなくて、勝つという気持ちへ変換して下さい
負けるわけにゃいかない
スポンサーサイト
[ 2010/03/28 16:57 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(2)

こちらが引く展開であれば少数で攻めるほうが効果的でスピードもあるため、うまくハマりますが相手側が引きインテルが押し込む展開になると少数の攻めではただ引き出しが少なくなるだけで、結果的にチャンスが広がらないんですよね
デキが調子を崩している今モッタにもそういう役割を任せたいですが、いかんせん低い位置でパスを散らす方が好きみたいですし…
ジェラードであれ誰であれより相手エリア付近で密度を上げられるプレーヤーが必要に思います。よく言われることですがクリエイティブな面でもスナへの依存が高い
そういった部分での貢献もできる選手がせめてあと一人は欲しい

カピターノの記録はファンの目線で言えば残念
本人も残念だとは思います
けれど、これはこれで偉大な記録
何気に自分も次節が誰が巻くのかな~と気になってます
順当に行けばSBにイバンが入りカピタンに なのかなとは思いますが
[ 2010/03/29 15:30 ] [ 編集 ]

正直試合が始まって数分でこの試合はやばいかなと思いました…。そこまで気持ちの入ってないインテルで来たなと。CL前で仕方がないなんては思いたくないですけどね。

4312は確かに限界ですかね。中盤の駒不足は明らか…、スナ・ミリート・エトーだけで攻めてる試合が目立ちすぎだし、ジェラードの噂が出るのはわかる気がします。豊富な運動量と攻めに対する姿勢、オフザボールの動きの質など高水準で備えている選手がインテルには必要なのかなと。

カピタンの記録は残念ですけど、自分的にはそろそろ休ませながら使っても良いんじゃないかと思っていたので良かったような気もします。ちょうど次はCLの2戦の間で休めるし、最近CL前後のカピタンの調子があまり良くないようにも感じていたのでこれからの事を考えるといいのかなとも。  
とりあえず次のボローニャ戦で誰がキャプテンマークを巻くのか…、兄貴やコルドバを出して任せるのか、次の時代を考えてクチュあたりが巻くのか…、自分的にはちょっと楽しみです。
[ 2010/03/29 09:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。