スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL 決勝トーナメント1回戦 2nd Leg VSチェルシー 

無ww題_R

127887_R.jpg

07.jpg

655510x_R.jpg

6fag10x_R.jpg

04_R.jpg

mourinho_urla_ap.jpg

11.jpg

15_R.jpg

6fv10x_R.jpg

xs610_R_20100318032802.jpg

127884_R.jpg

至福の瞬間

運命を決すCL決T1回戦2ndLeg
舞台はスタンフォード・ブリッジ
ジョゼにとってはかつて無敗を誇った"家"
無敗記録…

マリオが謎の召集外でしたが、それは置いておくとして

1STでは2-1で勝利
しかし、前回も述べたようにこのリードはあって無いようなもの
チェルシー相手ともなれば
そう思っていました

スタートは4231
底にはクチュとモッタを配置
コンディションに難アリと言われたデキはスタメンならず

さて立ち上がり

チェルシーは予想通り猛攻を仕掛けてくる
対するインテルは全体で引きつつ前がかりなところを狙ってカウンター戦法
これがうまくハマる
個々の動きも含めまずまずの序盤でした

ディエゴ、エトーの柔軟なポジションチェンジは良かったですね
エトーが右に入ったことで相手へのプレッシャーを厳しくし、かつガンガン上がってくることで出来たスペースを
マイコンが活かす
これにより多少の広がりも生まれた

まあとにもかくにも嫌な堅さは見られず

チェルシーは相変わらず素早く分厚い攻めでしたが左サイドをエトーさんの執拗なチェックで潰せていたのがひとつターニングポイントになるか
ジルコフ、マルダのラインはかなり強力なだけにこれは大きかった
特にマルダ、ドログバはほとんどホットラインのようなものですし
逆サイドでもパンデフ、カピタンが互いにケアしあい難をしのぐ

中央からの攻撃は、センターのクチュ・モッタ、CBサム・ルシオが辛うじて
クチュは前との繋ぎ役も努め流石
何も言うことはない
試合前若干不安視していたモッタも予想に反しハイパフォーマンス
127935_R.jpg

一つ危険なシーンもありましたが、チェックすべきところはチェックし時折放つフィードも良し
課題の運動量もチーム内で上位になるほどでした
真に良いモッタ
いっつもこれをやってくれたら…
なんていうのはおこがましいか
ただこうであればレギュラーも問題なしなんですが

サム・ルシオは鬼
127940_R.jpg

1238232673-16032010205805_R.jpg

ドロとの肉弾戦でのルシオ、カバーリングでのサム
特にサムは神がかっていた
これぞ壁
ルシオも1stはフロックではないと
衰えなんて微塵もない パワフルに守り続けてくれました
本当に凄かった

前半はうまくこなし、どうしてもつくられてしまうチャンスもギリギリで踏ん張ったという印象でしたね
全体での連動したプレスやコンパクトにまとまった陣形
11人全員が集中していました

後半も変わらず押され気味
ヒヤヒヤする時間が続くも、やはりエリア内へは簡単に通させず決定的なシュートは許さない
ギリギリながらも防ぐ

なおも苦しい時間帯は続くも、カウンターからのパンデフなどで徐々にインテルが決定機を

63分辺りはかなりゴールへ迫ることができた
エトーの左へ右への運動量は純粋に凄い

しかし、波状攻撃の末のディエゴもあと一つが決まらず…
ただここで軽い手応えは感じられましたね
本当軽いものですが、カウンターが通じると
そう大きく思えたんじゃないでしょうか

そして耐えに耐え続け迎えた34分
またもカウンターから抜け出したエトーへスナのフライスルー
完璧なトラップからニアへ完璧なシュート…

2397301141-16032010214854_R.jpg
16_R.jpg
610fwex_R.jpg
17_R.jpg
21.jpg
x61faf0_R.jpg
18_R.jpg
3345311129-16032010214228_R.jpg
610hx_R.jpg
x610_R_20100318040811.jpg
127899_R.jpg
610x_R_20100318040809.jpg
1491329830_R.jpg
23_R.jpg
61wa0x_R.jpg
x6120_R.jpg

嘘だろと
いや本当かと

ついに決めた
ここぞで決めた
もう何も無い

ハイプレスは素晴らしい。オフ・ザ・ボールも申し分ない
が…
がこの試合でも続いていただけに…
感動的ですらあった


その後は一気に守備へシフト
逆転を目指してくるチェルシーになんとか耐え、そしてドログバ退場
chelsea_inter_drogba_espulso_ap_R.jpg

これでかなり楽に

そして最後は集中しながら、落ち着いていなし試合終了

2244057884-16032010220512_R.jpg

3232911025_R.jpg

x6wwqa10_R.jpg

x61eq0_R.jpg

127888_R.jpg
127890_R.jpg

1515972292-16032010220729_R.jpg


ついに破ったベスト16
おまけでシュタルクという壁もぶち壊し…

相手は目下優勝候補チェルシー
強かった
早く、堅く、強く
本当に強大な敵でした
しかし…

正直悲観的でした
今この事実にジーンとしてます

全体でカッチリとまとまり、トップから鬼のようにプレスをかけ要所を抑える
前線のフォアチェックも中盤の安定感も最終ラインの集中力も
全てが高次元
全員が絶え間なく走り、ハードワークを怠らなかった
プレミアのようなスピードとソリッドさで攻撃面でも対抗し、見事に下馬評を覆してくれた
勝利への執念と気迫
気持ちの面では常に負けていなかったでしょう

真のジョゼインテル
シナリオ通り
モウリーニョからすればそうだったんですかね

特定の選手を挙げ賞賛するのも難しいですが、中でもということで

やはりこの日の役者エトー
x61640_R.jpg

前へ後ろへ縦横無尽
動きに動き相手左サイドを制圧しつつミリートやスナへのサポート…
ただゴールは今日もか…
と思わせといて決勝点。これで文句なし
イブラなら…

ここから始まる
そうだといいですね

スナ
127901_R.jpg

単なる橋渡し役では終わらない
風邪を引いていたなどとは微塵も感じさせない圧倒的パフォーマンス
カウンターが形になっていたのはひとえに彼のおかげ
低い位置まで下がってくる運動量、最高レベルの高精度パス
判断力の早さも含め
この日両チーム内で最も光り輝いたんじゃないでしょうか
パーフェクト
手放しの賞賛に値します

サム
10.jpg

神が降りました
怪物を目の前に素晴らしいクオリティーを見せてくれた
ルシオとのコンビは正面に対して本当に堅い
直接的なオフェンスにはむかうところ敵なしか


耐え忍び勝利を手に
この日のチームにふさわしい結果だと思います

本当に勝てるなんて…
未だに夢なんじゃないかと思ってしまう
本当にインテル?

CLはまだ終わってません
しかし、今は浸りたい
サポーターとしてこの勝利は格別なものがある

カンピオナートに響きそうですが


いやしかしそれも今はよろしい
最高です

x6e10_R.jpg

xe610_R.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/03/18 04:53 ] CL | トラックバック(-) | CM(6)

最高でしたね
ただもう浸ってもいられない
ついにここへ来れたんですから、一気に…
まあそう簡単なものでもないですが

SBでインテリスタの声が上回っていたのは大きな誇り
あれで選手たちも奮起したんじゃないでしょうかね

1年目はマンチョの遺産と言われましたが、今季
チェルシーを敗った4231をはじめ、真にモウリーニョのチーム になっているなと感じます

テンションもアドレナリンも最高潮でした
[ 2010/03/20 20:47 ] [ 編集 ]

今年は違いを感じます!試合終盤スタンフォードブリッヂでティフォージ達の“インテル”コールにはゾクゾクしました。ジュリオと抱き合うルシオの笑顔が全てを表現していて良いですね。

2年目にしてジョゼのチームになった気がします。イタリアで強いインテルが欧州で強いインテルに戻れた気がします。
マンU好き(かといってチェルシー派ではない)の友人も手放しの称賛をくれました。
この勢いに乗って頂点まで見届けたいです。

試合後、寝る予定だったのに眠れなくなるほどの興奮をありがとうインテル!!
[ 2010/03/19 03:35 ] [ 編集 ]

自分も未だにこの試合の映像は見返してしまいます
画像を見るだけでも興奮が甦る
せめて明日までは
この勝利に浸ってもいいでしょう

本当素晴らしかったです
[ 2010/03/19 00:41 ] [ 編集 ]

この記事読んでまた鳥肌立ちました
素晴らしいインテルでした
[ 2010/03/18 19:08 ] [ 編集 ]

ベスト16でのインテル、マドリー敗退はお決まりみたいなもんでしたからね
マドリーが敗退すればインテルも敗退…
確かに多少それも気にしていましたが見事です
最強クラスの相手を前に、臆することなく挑み続けた選手たちは偉大

エトーさんはこれで自信を取り戻してくれれば…
このゴールのフィニッシュワークも流石のものを見せましたし、やればできる
次はカンピオナート
サポーターとしては応援するしかないですが、エトーさんならやってくれるはずです
[ 2010/03/18 18:29 ] [ 編集 ]

レアルが今回もベスト16で終わっていたので嫌な流れだったんですが、我々は後続することなくチェルシーに2戦2勝。文句なしの素晴らしい勝ち抜けですね。
正直最近少々エトーさんには不満が溜まってたんですが、決勝点で結果的に解消されました。セリエでもゴールを期待します。
[ 2010/03/18 09:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。