スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL 決勝トーナメント1回戦 1stLeg VSチェルシー 

無se題_R

126992_R.jpg

61tew0x_R.jpg

x61d0_R.jpg


61aa0x_R_20100226015529.jpg
61x0x_R_20100226015549.jpg
61av0x_R.jpg
126996_R.jpg
610ax_R_20100226015632.jpg
x61e0_R.jpg
61dd0x_R.jpg
x610c_R.jpg
126999_R.jpg

610sdvx_R.jpg
610xd_R_20100226020001.jpg
610wwx_R.jpg
61y0x_R.jpg
610rx_R.jpg
127004_R.jpg
x61rf0_R.jpg
x6q10_R.jpg
610x_R_20100226020505.jpg
x6ax10_R.jpg
61c0x_R.jpg

やりやがった

まずは、とりあえず振り返ります はい

ええ出場が危ぶまれたジュリオはなんとか大丈夫だったようでスタメンスタート
左にキヴ、サントンを欠いていたためカピターノをそこへ回す格好となってしまいましたが、全体ではほぼ万全のスカッド

試合は予想外に早く動く
モッタからのスルーパスをエトーがうまくディエゴへ
王子が流石のフィニッシュワークで沈める
なんと驚きの先制
こう言っちゃなんですが点を獲れるかさえ疑心暗鬼でしたから…
叫んでしまいましたよ 本当夜中の5時近くにゴメンネ

しかし、その後は予想通りチェルシーのスピードとフィジカルに圧され気味に
まあ引いてカウンターを徹底していたためそれも必然でしたけどね

いやにしても流石に競り合いには強かった
球際での争いではレベルの違いを感じました
攻めの速さは尋常じゃないし、そのくせプレーも正確
個々のミスが少ないのには羨ましいと思う部分もあったり…
どいつもこいつもチートクラスでっせ ありゃ

が、インテルも簡単にはやらせない
なんとか攻撃の目を潰していく
切り替えも素早かったでしょう。詰めも早く簡単にはクロスなどを上げさせなかった
毎年の様な動きの固さもほぼ見られず、守ってカウンター
1つの戦術がよく浸透しているかなと感じました
ただこちらは個のミスからのボールロストが結構…
デキやモッタ
トラップなどが雑で簡単に獲られてしまってたか
危なっかしいことこの上ない
フォローしようが無いですからねぇ
仮にそれが失点へ繋がりでもすれば悔やんでも悔やみきれない
慎重にいきすぎて獲られても駄目ですが、個の面でのミスは無くなきゃいかん

と思っていたらモッタが短所を発揮してしまう
カルーにやられた失点シーン
前半からやはりモッタこわいなと感じていただけにこれはああ…と

あそこで緩いチェックはおいと言いたい

やはりこのレベルでの争いになると運動量の少なさはかなりのマイナス
所々での緩さといい、お粗末っぷりといい…
今回はデキも優れず
大事な試合で命取りになるプレーは非常に困る
パスセンスは確かに光るものがある。貰い方もうまい
あとはスタミナさえつけば… と思いますがそのあとはが一番の問題
あの年でさらなる成長をというのも酷でしょうし難しい話
ムンタリといいCLという最高峰の大会ではあまりに頼りない…
考えもの


インテルはチェルシーにエリア内やゴール前の直接ゴールへと繋がるゾーンでは打たせなかったものの
その分多くのシュートを喰らってしまった
受身過ぎたか
確かに大きく崩されるシーンは無く、エリア付近は鉄壁に近かったでしょう
が、その他では悠々打てるだけのスペースを与えてしまったと思う
どこかを徹底すればどこかが甘くなってしまうのは仕方が無いことかもしれないけど…
ただでさえミドルを持ち味とするプレーヤーが多いだけにこのままではSBでポンポン入れられてしまうかも…
しかし、選手個々のクオリティを考えるとどうしようもないか…

ラインを上げるとそれだけリスクも大きい
目を配るべき選手があまりにも多いし、早め早めにプレッシャーをかけすぎるとフリーにしてしまう
どうしても妥協するしかないのかもなぁ
ううむ

最終的にはクチュの劇的ゴールで1stは2-1で終了
CLで… 決Tで…
そして優勝候補筆頭のチェルシーに勝利できるとは…
大きな大きな相手だっただけにこの勝利は染みる

現実的に考えてアウェーゴールを許しているし、勝ったといっても大したリードではない
それでもよくやってくれたと称えたい(一部を除き)
気持ちの強さ
本当に難しく、場面場面では次元の違いのようなものすら見せ付けられた中よくぞ

バックスは本当によく踏ん張りましたよ 凄い

特にルシオ
x610ac_R.jpg

サムもよかったですが、ドロとのマッチアップといいこの人がいなければどうなっていたか
1つのプレーやシーンではなく全体でとても質の高い
ハードな役割を十二分にこなしてくれた

ディエゴもそう
x6wa10_R.jpg

貴重な貴重な先制点だけでなく、トップからのプレッシング、ポストプレー
大きな働きでした
エトーもあそこさえ決めてれば…

スナやクチュも素晴らしい
d_R.jpg xa610_R.jpg

お疲れ様でした 走り倒したという表現がピッタリ
あれほどに動き回ってよく平気でいれる…
頭が上がらない 本当

ジュリオ神も心配御無用
w_R_20100226025151.jpg

痛々しい傷もなんのその
鉄のメンタリティー
完治していないのにアレ
カッコいいねえ ジュリオーネ


私的には1回でも勝っただけで満足してしまってるフシがありますがこれではいけない

2ndは、かのスタンフォード・ブリッジ
全盛期ほどではないとはいえ、ここでのチェルシーはまた一味も二味も違うはず

結果だけ見れば有利にも見えますが、実際はまだイーブン

嬉しい勝利でしたが喜んでもいられない状況
次は今回以上のパフォーマンスが必要になるかもしれない
それでもやってくれると信じるのみ

16の壁を壊したい 壊す時
やれるじゃなくてやるしかないでしょうて

x610_R_20100226030913.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/02/26 03:00 ] CL | トラックバック(-) | CM(2)

ショックですねえ
ビジャレアル戦のようなことはもう嫌です
とはいえチェルシーに対して油断なんて生まないでしょう
たとえ1stで勝っていようと、チェルシーはそれを逆転できるだけの強さを備えている
そんなことは誰しも理解してるでしょうからね
今回同様激しくぶつかってほしい。というかぶつかっていくに違いない

エトーさんはここぞで決めるんだと無理にでも信じてます
2ndで爆発する… 半ば自己暗示…
チェフがいないのはありがたい ありがたい
イラリオも何気にいいGKですが、やはりレベルは落ちるはず。突きたいですね
[ 2010/02/27 01:13 ] [ 編集 ]

せっかくホームできっちり倒したのに次やられたらショックですね。エトーのスカを悔やむことになるでしょうな。僕もチェルシーの試合はたまに見ますがやはりパスミスが少ない。そしてドログバの脅威。今回の勝利はドログバを抑えたルシオのお陰でもありますね。感謝の一言。
チェフ、可哀想な怪我ですが次はイラーリオにお任せくださいw


ああ、デキのミドルが見たいいぃぃ!
[ 2010/02/26 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。