スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第14節 VS紫(つまりヴィオラ) 

inter-e_20091201015615.gif VS fiorentina-e_20091201015653.gif


  1    -   0

・ディエゴ
-----------------------------------------------
123642_R.jpg

6aaa10x_R.jpg

6q10x_R.jpg


123618_R.jpg

6r10x_R.jpg
610x_R_20091201020120.jpg
sdg_R.jpg
61w0x_R.jpg
123637_R.jpg

覚醒するか?するのか覚醒?

先日のヴィオラ戦
嫌な敗戦を喫したバルサ戦(気分悪くて書けなかった)の直後ということで、雰囲気等
気になってましたがスコアレスで終わらせなかったのは大きい

スタートは433でエトー、王子、リカルドのトリデンテ
予想外だったもので初めは442かなにかと思ってました
リカルドの先発
この時点では色々皆さん思ってたでしょう
ていうか自分は思ってました
この試合大丈夫かと

スナもおらず毎度フィットしない433でボールすら回せないんではと不安不安

しかし、開始からスピーディーな攻撃
リッキーもまさかの好調
123656_R.jpg

失礼ですが夢かと思った

なんていったってサイドで相手をホンロウしている!

いやまさかまさか
その後もいつもの焦りを見せず、パスミスや判断ミスも無し
なによりも"敵を抜く"ということが出来てましたね
最後はフカして足をつった様で心配ですが、全体で見れば普段とは一味も二味も違う姿
いつもがいつもなだけに普通のことでさえ驚いてるってのは確かですが

もちろんクアレスマばっかり良かったというわけでは無く
ディフェンス陣はさすがの安定感でエリア内で簡単にプレーさせずバイタルエリアもきっちりカバー
ジラにパーフェクトなターンをされたシーンはやられたと思いましたけど
ああいう部分を見てもやはりスピードの無さは怖いポイントだと感じますね
何度も言ってるわけですがやっぱ気になるもんはなるんです はい

サイドでプレーしたエトーは割と下がり目に位置
スナがいない分前へ運ぶことが難しいためボールを受け預けて上がるという動きを見せていました
この辺でクチュ、デキ、ムンタリはうまく機能してたと思います

そうそのムンタリ
6e10x_R.jpg

クアレスマと2大巨頭のダメダメと認知されてましたが、やっぱり動き自体は悪くないんですよね
433の中盤としては改善されていたし、サイドへ開きうまくパスコースも創りながらビルドアップもこなしてましたし
結局一番の問題はキックの質ということになっちゃう
シュートにせよパスにせよ狙いから常にズレてる
元々司令塔でポーツマスでもそのポジションでやってただけに苦手なはずはないんですが
でも苦手なんでしょうかね?
ポーツマス時代はどうだったのか気になってきますよ

エトーはボックス内での活躍こそ中々みられませんでしたが、
おそらく任されたであろう役割からすれば十分じゃないでしょうか。
123639_R.jpg

最後の1vs1はガックリでしたが、まあフレイもよく止めた

でもやはり決めるところは決める選手であってもらわないといけない
あれだけ完璧な1vs1では逆に緊張して難しいというのも分からなくはないんですけどね。。

まあとにかく今回は様々な展開でゴールへ迫り、守備面でもほぼ崩されなかった
あともうすこしが遠くなかなか形として出てきませんでしたが
最後の最後できちんとポイントが獲れ良かった


433もこのクアレスマが健在で、かつスナがいればどうなるか
まだマイコンとリカルドの補完性という部分が若干不安ですが
今はこのリカルドを維持してくれることに期待
スポンサーサイト
[ 2009/12/01 02:59 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。