スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL 第2節 VS火山 

hndfh_R.jpg

121359_R.jpg

121352_R.jpg
610xghyg_R.jpg
610xgeg_R.jpg
121353_R.jpg

大失態
一言で表せますね
なんて簡単

直前のディエゴ負傷で、計算が狂ってしまったかもしれない

その時点で覚悟してましたが、覚悟以上でしたわ
なんということでしょう。

スタートは433
マンシが今季初のスタメン出場(マリオもでしたか)

これもやはり失敗
今となってはなぜこれで挑んだのか
サンプ戦でも4312の方がよかったのは明らかだっただけに採用の意図が分からない

舐めてかかったんじゃなかろうか。。
CLの舞台を熟知した監督にそれはないとは思いたいものの、謎なのだから疑うのも無理はないでしょう

アプローチ自体も間違っていましたね
チーム全体から予想外という雰囲気も感じ取れましたが、
ルビンの攻撃はスピードがあり、分厚い
パスワークは的確で個々の特徴を活かす効率のよい攻撃
ブカロフの高さも利いていたと思う
ルシオですら競り合いで負けていたし、ブカロフと組むドミンゲスのスピードにも苦労させられました


一方のインテルは、アグレッシブな攻めの前にあたふた
潰したいところで潰せず、簡単にフィニッシュまで持っていかれる始末

攻撃時も繋がらない
ルビンの高い位置からのチェックやパサー不在が響いたか、
前線へチャンスボールというものを供給できずエトーもどうしていいのやら

橋渡し役も欠いていたからか、ロングボールに終始
トップもやはりセンターとサイドが距離開きすぎで、簡単に潰される
崩しの切り札として期待したマンシも全く使い物にならず、単調な攻撃になってしまった

そんなオフェンスでゴールを奪えるわけも繋がるわけもなく、結果流れを持っていかれる

確かにルビンはいい攻撃を見せましたよ
しかしスペースを消し、当たりを強くすればこうも自由にできなかったはず

機能しなかった433
向いてない そうとしか思えない
中盤がスカスカなんですから。

動きに連動性は無いし、格下に弱点は突かれるし散々

マンシもクアレスマもふざけろってんですよ

もう無理と分かったのだから別の策を講じてもらいたい

ディエゴやスナイデル、モッタがいれば違うかもしれない
が、今はいない
そうならばいる時にやればいいわけで大事な試合で機能しきっていないシステムを採用されてはたまらない

重要な試合でなぜ?

マリオの退場でプランが崩れたかもしれない
610xkhy_R

確かにこれは軽率
無意味なファールで、迷惑なこと
カンピオーネになりたいならこういうことは無くさねばならないし、自らの将来を自らで潰すという愚かなことはしちゃいけません
それはアドで十分理解したっつーの

しかし、それ以前から問題があったのは事実なわけでいくら御託を並べても事実はひっくり返せない

無名のクラブでも自国チャンピオン
ましてここ数年いい結果を残せてないインテル
どんな相手であれ舐めてかかっちゃいけないですよ

ユナイテッド戦やバルセロナ戦で見せたパフォーマンスを見せれば勝つのはインテル
ジョゼはそう言っていたはず
なぜその2試合で採用した4312ではないのか、なぜ予想できていたスピードに対応できなかったのか
(ジョゼさんはルビンはスピードがあると言ってましたからね)

攻撃の形すらまともにつくれないフォーメーションに固執することになんの意味が…

アウェイだろうと怪我人がいようとなんだろうとこれでは大耳なんて語れない
もはや何でも言え
受けいれるしかないぞ ジョゼ・モウリーニョ
なんてったってあなたは高級取り
・・・・

おおディエゴよ・・・
スポンサーサイト
[ 2009/10/01 03:32 ] CL | トラックバック(-) | CM(2)

確かに個々のレベルはルビンより上でしょうし、下馬評でも当然インテルが勝つといわれてました。
それをそのまま鵜呑みにして、舐めてかかってるんじゃいけませんよね
ここをジョゼがどうかすべきだったのに、今回は全ての面でマイナスに働くことが多かったです

キヴはバランスを欠いてた様に思いました
マイコンが上がるなら下がる、下がるなら上がる
半端なポジショニングによってそこがウィークポイントになってては始末におえません。

カピターノの中盤は正直パートナーを選びますね
433での中盤で使うべきではない。これは絶対ですが、4312でも生粋のトップ下がいればトップ下、スナ、モッタ、クチュでの構成が一番クオリティーの高い攻撃を期待できるでしょう
マイコンのカバーリングや相変わらずのタフネスに突破力など頼りになる部分も多いですが、閃きに欠くのも事実
前線と中盤を繋ぐことの出来るプレーヤーがいれば、まだいけるとは思いますが、早めに対処してもらいたいとこでもあります。

クアレは…
まあこの試合は気の毒でしょうか。
しかし、もはや放出もやむなしと考えます…
[ 2009/10/03 01:55 ] [ 編集 ]

この試合に関してはジョゼのミスが大半だろうけど、選手個々の集中力欠如も問題だったように感じられました。前からそうだけどインテルって選手が勝手に相手の力量を判断してプレーしてしまってるように見えるんですよね。そこが昨シーズンの失態などにもあらわれてると思うし、新戦力の選手が少なくなるとまた顔を出してきてるなと。個人的にはキブに特にそれが感じられるんですよね。

フォーメーションに関しては、カピタンの中盤起用が相変わらず微妙だと感じるのでキブと逆が良かったんじゃないかと。ただこの試合に関してはもうそれ以前の問題かなと。いつものプレッシングをしない前線とか、途中からの投入でも一生懸命走らないクアレとか言いたいことは他にたくさんあるのでもういいやって感じです。本当は色々言いたいけどとりあえず戦力が戻ってくるまでは我慢することにします・・・。
[ 2009/10/02 12:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。