スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CL GL第5節 VSトゥエンテ 

inter-e_20101127201901.gif  VS  twenteviewimg_20101127201901.gif


 1     -    0
・カンビアッソ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
137817_ブログ用1

キエーボ戦からサントンをマテへ代え、CBへ コルドバは右SB
前線は少し変化があり、パンデフをトップに、エトーを左へと配置
若干スナが高めのポジションを取っており、システムは442に近い形だった

137830_ブログ用1
137837_ブログ用1
137842_ブログ用1
137839_ブログ用1

やっとこさ勝利
試合前から緊張前から様々なプレッシャーがあり、緊張感も高まっていただけに良い結果

チームパフォーマンスは前後半で差があったと思う
前半はボールこそ支配するものの、中の動きが足らず、ボールをバイタルまで運べても
外からしか打てないという今までと変わりの無いシーンが目立った

サイドに位置したエトーは、左でボールを運んだり、中への動き出しでボールを引き出したりで、
攻撃にスピードや打開力を加えようとしていたものの
右に配置されたビアに動きが少なく、左から崩しにかかったとき等に、いまいち形がつくりきれなかった
137818_ブログ用1

より中へ絞る動きも必要なのに、サイドに張りすぎている
オフ・ザ・ボールのアイディアが足らない
ボールを持った時は面白いプレーをする時もあるんですが…
ただ後半は、うまく出来ていたと思う
サイドで基点をつくれていましたし、チームにオプションを与えられていた
後半のような姿を継続して発揮してもらいたいところ

3列目の選手が上がりきれず、エリア内へ侵入する数が少ないという状況が目立っていましたし
サイドの選手は局面局面でどう動いていくべきかを把握しないといけないように思います

この試合トップへと置かれたパンデフは、サイド時のパフォーマンスよりは確かに手応えを感じさせるものだった
137824_ブログ用1

ただボールを引き出そうとしてはいたものの、その継続性を欠いていた
ボールウォッチャーになってしまっており、パスコースをつくるという意識もどこか薄い
というところが何度か見られ、縦へのスピードを欠く要因にもなっていた

トゥエンテは 自陣に数を割いていたため、数的不利は免れない
一番前に位置する選手は、よりスペースを突いていかなければならなかったはず
前のプレーヤーが、もっと相手の嫌がるポジショニングを取って欲しい
キエーボ戦よりは断然良くはなっていましたが…

守備面でもフォアチェックへの意識が足りず、最終ラインで回している相手に対し
ほとんどプレッシャーをかけない為、相手に余裕のある展開を許してしまっていた
ロングボールでの組み立てが多い相手に対して、それを助長するかの様
意図してやっていたというならいいんですが、その組立に苦しむ場面もありましたからね…
また、最終ラインに任せきりなところも問題
サイドでの攻防では、サポートも必要
1vs1ではクロスを防ぎきれない
中の対応が不安定なため、上げられるとゴールへ繋がる危険性がドンと増してしまう
中盤との共通した守備意識も欠いていた
押し込むものの、イマイチアイディアに欠け、チャンスをつくり切れず
一時は相手に主導権を奪われるなど納得のいかない内容だった前半

しかし、後半
先制点を挙げたことで、チームに変化が見られた
球際でより競る様になり、ボールへの貪欲さが増す
プレッシングにも連動性が出て、チームとして動けるようになっていたと思う
デキ・クチュを軸に攻守の切り替えにもスピード感が出た
結果としてチャンスも増えていましたね

ただ、まだまだバックには危なっかしさがありましたし(特にマテ)
前半はキエーボ戦やミラン戦ほどではないにせよ、やはり形をつくりきれていなかった
勝ちはしたものの、得点自体は運によるところが大きい
押し込めてはいましたが…
得点の少なさなどには、運の問題もあったでしょうが、やはりまだギリギリの状態ではある
まあ決T行きを決められたのにはホッとしていますけども

カンピオナートでは頼みのエトーがいないですから
どうなることかと…
スポンサーサイト
[ 2010/11/27 20:25 ] CL 10~11 | トラックバック(-) | CM(2)

第12節 VSミラン -ミラノダービー- 

inter-e_20101120204513.gif  VS  miran-e_20101120204513.gif

 0     -    1

          ・昔いた人
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
137417_ブログ用1
前節復帰したデキ、ミリート、マテをスタメン起用
さらに体調不良であったスナも復帰
4231システムから4312へと変更し、マテをルシオのパートナーに、コルドバを右SBへ
デキはアンカーに置き、ミリートをトップでエトーと組ませ、スナをトップ下へと配置


ハァ…
いやね まあ状況も状況ですし、敗北というのもなるべくしてなったと言えますよ
でも…
ダービーというのにもかかわらず、何が変わったわけでもない
システムこそ変更しましたが、効果なんてあったもんじゃないですね

基本的にはインテルがボールを保持し、ミランがカウンターという展開
しかしポゼッションこそ握ってはいたものの、縦へと進めていたわけではないため
相手に脅威を与えられておらず、それどころかライン裏をロングボールから突かれてしまっていた
ボールを奪いカウンターに出ても前線の密度が薄く、チャンスへと持ち込めない
ミラン側が全体的に守備に比重を置き、攻撃に関しては前線任せだったことも
縦へのスピードがでない要因ではあったでしょう
ですがそれにしても、パスコースが限られており、相手にとって対応に容易い攻撃ばかりになってしまった

エトーはサイドへ開いていることが多く、スナも中盤の底辺りまで下がってくるため、ミリートは孤立気味
スナは高い位置を保たせるより、プレッシャーの薄いエリアまで下がってプレーした方が活きる選手ですし
それは間違ってない
要は、スナが下がり出来たスペースをカピタン等が突いて欲しかった
昨季ならエトーがその役割をやっていましたが…
しかし、それをやらせるにはあまりに好調であり勿体無い

そもそもコルドバであれば攻撃に期待することは無謀
となるとコルドバは守備に専念させ、カピタンをより攻撃的に振舞わせても良かったんじゃないかと思う
デキもアンカーに位置していたため、無闇に上がることが出来ず、結果として前の厚みを欠いてしまった
オビは、つなぐプレーやプレッシング等でポジティブな面は見せましたが、
こういった時にうまく察知し、カバーリングへと回って欲しかったかな
137434_ブログ用1

まあその辺りは、慣れ親しんだコンビでもないと難しいでしょうけども…

というか、それなら最初からオビを底にデキを一列前で使っておいたほうが良かったんじゃないか
という気が…

マイコンがいるわけでもないんですから、カピタンを左へ回しても問題は無かっただろうし
そうすればオビと連携して守備をこなせたはず
カピタンよりデキの方が、より攻撃面で期待できる
結果論かもしれませんが、カピタン・オビのセンターは攻撃面で多くを望めない
というのは前節からも明らかだったでしょう
中盤は機能していなかった

序盤からライン裏を狙われ、その流れからPKで失点
トップ2人にロングパスを入れるだけのカウンターに対し、あまりに無策
まんまとやられていたのには心底腹が立つ
ルシオ、マテなんて確実に高いラインに向いていない
何故戦術を変えない なぜ意識が変わらない
どうにもやりきれない

寄せへ行くタイミングもバラバラで、バックラインはそのタイミングへ付いていけておらず
結果ポッカリスペースを空けてしまう始末
全てにおいて中途半端

攻守両面で連動性に欠け、中盤でボールを持っているだけのシーンが多々見られた
いや、持っているというより持たされているの方が正しい
アホかというくらい相手のシナリオ通りゲームを進めさせてしまった

ここ数試合で浮き簿りとなったウィークポイントが改善されるどころか
放置でもしたのかというくらい何の変化もなく、相手の研究はしたのか
というくらい相手の試合運びに付き合っていた

いい加減いつまでもマッチしない戦術に固執するベニテスの責任を問いたい
今までは、様々な不運もある。チームも未熟 時間が足りない
トレブルという偉業を達成したチームをわざわざ引き受けてくれただけでも感謝がある
と、責めないようにしてきましたが、この試合はダービーなわけで
まるで怖さのないポゼッション、意味を成さない高いライン配置
選手達の責任だってそりゃ勿論ある
ベストメンバーを揃えられないベニにも同情できる
ただ理解しないベニにも憤りを覚える
自らの考えをチームに取り入れようとすることは、なんら間違いじゃない
ですがそれはフィットしていないし、選手個々の特性と合っていない
ミラノダービーですよ
決して負けてはならない試合
せめてそれまでに決断して欲しかった
ジョゼだって1年目の序盤は自分の考えに固執し続け、勝ち点を逃していました
ですが、いよいよ… となると、元に戻した
しかし、ベニはダービーという大切な試合にも、そのままで望んでしまった

補強を怠ったフロントにも責任はある
マリオを放出しておきながら、後釜を確保しなかったのは多いに問題あり
ベニがスクッリ獲得を白紙に戻したという話もありますが…
マリオの穴にはそれ相応の選手を用意しないとダメでしょう
今スクッリがいたとして何かが変わっていたかどうかも微妙
今夏の補強へ対する動きの遅さにはイライラが募りました

覚悟はしていましたが、まるで学んでいないその戦いぶりに一番腹が立った
現時点での解任は止めて欲しい
ですがベニも変えなきゃいけない
現時点では望まないものの、今後も変化が見られないようでは致し方ない ということになる
頑張って欲しい というよりやらなければいけない やってもらわないといけない

137448_ブログ用1
また怪我人…
まあマテの場合はピノキオテコンドーのせいですが、ミリートとオビは筋肉系
なぜこうも多い…
ミリートは再発ですし…
不信感が募る 募る

というかミリート何をしとるんだ。このまま終わるのか
脆い… 脆いよ…
もうイヤだ…  …が多いわタコ助ー ピーヒャラピーヒャラ


ハア…
[ 2010/11/20 21:57 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

第10節 VSブレシア 

inter-e_20101106205509.gif  VS  burecia.gif


 1     -    1
・エトー      ・カラッチョロ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
137063_ブログ用1
トッテナム戦での醜態や選手不足もあってかシステムを変更
スナを底にコウチーニョを右へ
左にはパンデフを配置し、ミリートとエトーを前線へ並べる442

怪我怪我怪我怪我
怪我無双
もはや試合をすればその分出るんじゃないかという気がしてきました
フラストレーションが溜まる…

内容自体も良いとは言えないものでした
1人1人の距離が広がりすぎており、足元へ繋ぐことができない
中盤と前線の間のスペースを突く選手もおらず、展開は淡白なものばかり
ポゼッションこそ握ってはいたものの、フィーリングの問題なのかなんなのか
どこか考えがバラバラに感じられ連動性もなく、噛み合っていなかった
結局フィニッシュは個々の能力によるもので、組織的な動きに欠ける
サイド等であるプレーヤーが手詰まっていてもサポートが少なく、戻すか、簡単な横パスしか選択肢がない
ポゼッションを掴んでいても、縦に進めないから早さも怖さもない
いくらボールを支配しようとモノをいうのはスコアですからね…
まあプロヴィンチャを相手にする場合はどうしても、こちらが攻める展開になるのは仕様の無いことですが
守備の姿勢もトッテナム戦とほとんど変わっておらず、奪ってやる という思いすら感じられない

ただ後半
ベニのゲキでも入ったのか、全体の運動量が飛躍的に高まりプレッシングも厳しくなった
このままじゃ終われないという気迫が感じられた
凄く久しぶりにああいうチームを見た気がしますね
特にカピタンは凄かった
リスク承知でラインを高く相手ゴールへと攻め込んでいたため、カウンターのピンチに何度か晒されていたものの
そういった際には一目散に自陣へと戻り、かつきちんと前へボールを供給
あれでチーム一のベテランだっつーんですから、いやあんた限界あるんですか?と

コルドバの奮闘も光っていましたね
またオビの激しさも全体を活性化させていたと思います
137078_ブログ用1
隙あらばガツガツプレスを仕掛け、ボールを奪取
あのスタイルは前半のようなユルユルで眠ってるかのようなチームには持って来い
荒削りでリスクも高く、抜かれたら数的不利
という怖さもありますし、相手が相手であれば穴にもなりかねない
しかし、怪我人だらけのこんな状況
高い位置で奪うというコンセプトにもマッチする
是非これからも起用していって欲しい


チームは同点後も勢いを緩めず、逆転弾への意欲を示し続け、足を止めることなく走り続けた
ハイリスクの中前述のカピタンやコルドバの奮闘もあり守備陣もなんとか踏ん張ってくれた

自陣へ人数をかける相手に対して、あの手この手でゴールへの執念を示し
ボールを失えば、間髪要れずにプレッシャー
結果的にはドロー決着でしたが、終盤にかけての姿勢は良い兆候だったと思う
ああいった気迫を初めから出して欲しいし、継続して欲しい
無論最初からああも激しいと その後バテテしまいますし、バランス配分は必要でしょうが
前半のような姿だと勝利は遠ざかる一方
確かに怪我人は多く厳しい状況
ただそれは言い訳にしかならない
今いる戦力だろうと激しさは発揮できるはず。ユルユルで覇気のないチームは沢山
ラインは高い しかし、プレスはあまい
こんな矛盾はないでしょう

久しぶりのスタメン出場となったミリートでしたが、どうにもこうにも…
137065_ブログ用1

またも低調なパフォーマンス
ミスは多い、プレッシングもかけない、動きも少ない
戦術上前線にスペースが少なく、その影響を受けている部分もあるでしょうし
復帰したばかりでコンディション不良というのも確かにあるとは思います
ですが結果を残してくれないことには、こちらも不満を感じてしまう

コウチーニョにはもっとパスミスの多さを減らして欲しい
137071_ブログ用1
ボールが長かったり、短かったり、威力が強すぎたり、弱すぎたりで
折角のチャンスを潰してしまうシーンが幾度か見られた
それに自らで仕掛けていく姿勢も足りない
サンプ戦くらい 縦への勝負ももっと狙っていっていいんじゃないか
守備時の動きなどは良かったんですが、より攻撃面で貢献してもらわないと
まあ完成された選手ではないため、仕方ないとも思いますが
そういった部分での技術力には改善の余地あり


マイコンとサム(下手したらスナも?)
次は2人の主要メンバーが離脱
多分これは何か憑いてますね

普通有り得ない 考えられない

でももうなんだか慣れてきました
マイコンの穴サントンが、サムの穴はコルドバが埋めてくれるでしょう
前を向いてきます
とにかく今はセンターが足りない
他は後になってもいい
クチュでもデキでも戻ってきてくれ お願いだ
[ 2010/11/09 17:57 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

CL GL第4節 VSトッテナム 

Tottenham_20101106205509.gif  VS  inter-e_20101106205509.gif

 3     -    1
・VDV       ・エトー
・クラウチ
・パヴリュチェンコ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
136872_ブログ用1
ジェノア戦での負傷によりクチュ・ジュリオが不在
デキ、クチュ、モッタにマリガ…
センターはまさに非常事態
本来のレギュラーも控えも誰一人いない
結局この試合ではムンタリとカピタンのコンビ。GKはカステラ
一方前線にはパンデフ、バックにはキヴが復帰
システムは4231


正直結構鬱になりました
まあ試合前からこれは引き分けでも十分満足だなって心構えでしたし、こうなっても不思議ではなかったんですけどね
でも目の当たりにするとキツイもんです…

立ち上がりから相手に押されすぎていた
プレッシャーが弱く、相手のオフェンスに対して後手後手
守備も攻撃もセンターとしては心もとないコンビだったにもかかわらず
前線からのプレッシングが非常にあまい
というかほとんど無いに等しかった
ムンタリはバランスを崩しがちで寄せるべきところで寄せておらず、
精度のないロングパスを狙いボールロスト
カピタンも奪取力のあるタイプではないため、カバーには回るものの相手の素早い攻撃の前には無力
結局最終ライン前のスペースがオープンに
さらに縦にボールを入れることも間間なっておらず、ルシオ等がパスを入れざるを得ない始末
トッテナムは、バイタル等危険なエリアではホルダーに対してきっちりとチェックがいくのに
インテルにはその丁寧さを感じられなかった
攻守の切り替えでも数段劣る
戻りも遅く、組織的なディフェンスもなし
強靭さのない底に相手の攻撃がドンドンと襲い掛かるともうどうしようもない
サイドも崩されてましたから
特にマイコン
ベイルにやられてばかりで穴にしかなっていなかった
右の守備はユルユルで相手に簡単に通されまくり
マイコンの問題も当然あったでしょうが、ビアも問題ですよ
パンデフやエトーの様にもっと効果的にプレッシャーをかけないと
ベイルのようなレベルの選手を相手にするというにもかかわらず、
スペースを与えすぎ、自由にさせすぎてしまった
前を向かせるな。1vs1の局面をつくるな
前節でそれは痛いほど知ったはず
考えなしというかなんというか…

組織として相手の攻撃に対処できず、機能不全におちいっていた中央の守備
さらにサイドまでこうじゃ、失点はそりゃ免れない

相手の中盤を自由にさせすぎ、ただでさえ個人力のあるプレーヤーにゆとりが生まれ
的確に組み立てる余裕を与えてしまった
守備面は全てで脆く、組織のかけらも見当たらない 散々なものでした

また、攻撃面も問題
カウンターはミスが多くスピード感もない
いや、それ以前に形になるシーン自体少ないものだった
前述の通り縦にほとんどボールが渡らないためスナがうまく絡めず、押し返すにも押し返せない
このポジションに展開力がないのは心底痛い…
前線へ運べた際も上がって攻撃参加するのがムンタリじゃ怖さもなかったでしょう

外からでしかシュートを打てず、決定的なフィニッシュへ持ち込めない
そして奪われピンチ

振り返れば振り返るほどネガティブ
ラインが高いのに、プレッシングはあまい
底のフィルターは貧弱
サイドはボロボロ
縦パスが通らず、押し返せない
前線へ渡ろうにも外でしか打てない

攻撃も守備も負け

全体でのの差に個人レベルでの差
さらにこの試合に対する意識
もっとコンパクトにラインを短く相手に余裕を与えないサッカーが必要だった
あまりにルーズで、守備への配慮も足らない
本当に良かったのがエトーだけ
エトーだけは仕事をした
136884_ブログ用1
あの1点は自らの力のみで獲ったものでしょう…

失点の匂いはプンプンした
得点の匂いはほとんどしなかった

それに値する敗北

でも、これが今季のワーストゲームとなるなら…
というかそうであってほしい
[ 2010/11/06 21:38 ] CL 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。