スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UEFAスーパーカップ VSアトレティコ 

inter-e_20100828160117.gif  VS  vibhoibhwimg.gif


 0     -    2
         ・レジェス
         ・アグエロ          
-------------------------------------------------------------
134032_ブログ用1

134028_ブログ用1
デキ右の4231 もしくはツリー?

初のUEFAスーパーカップ
やられちゃいました~ わっはっは

もう6冠はございません。夢となりました
グッバイ
スーパーカップをゲットするよだって?
何言ってんだこいつ 片腹痛いわ
本当にすいませんでした。調子乗ってました

序盤はねえ 勝てると思ったんですが…
オフェンス面はまずまず形になってましたし、守備には穴が見られなかった
カウンターの際には、前線3人に加えデキやクチュなどもうまく攻撃に厚みを持たせていましたし
自陣から組み立てていく際にも、選手間の距離を短く丁寧に崩していくということがある程度実践できていた
中盤からSBの選手のスペースを突く動きも豊富で、パスコースに困る というシーンもあまり見られず
攻めてに欠くということもなかった
ことディフェンスに関しては、中央をガッチリ堅め コースを潰し、侵入も許さず
シュートもエリア外からに抑えることが出来ていた

ただ、この時からミリートは今日もダメか という兆候を見せており
スナも決定的なパスを出すに至っていなかった
結局のところ、この辺りのコンディションの差などが勝敗を決した部分も大きかったと思う

不意をついたこぼれ球をレジェスに詰められ、リードを許した後
チーム全体が乱れてしまった
中盤でのロストが多くなり、カウンターでピンチという局面が増え
中々そこからこちらが押し返すことが出来ず、ギアチェンジの核となるべきスナもほとんど触れなくなり…
どんどんドツボに填ってしまい、後手後手へまわされる羽目に

失点して、乱れる
残念でした
もっと安定感がなくちゃいけない

自らのミスで、自らの首を絞める
1失点目に関しては仕方なかったとも思える
しかし、2失点目は完全にこちらのミスから

確かにスナは潰されていたけれど、リードされてる状態でスナを下げる意味も分からなかった(怪我なら分かる)ですし、
スコアレスで、じっくりいっても問題のない状態であれば、分かるパス主体も
リードを奪われた後まで、意識しすぎていたのは気になる
ビハインドを背負っているときは、ダイナミックな展開も必要ですし
細かなパスワークは、実際のところ守備に比重を置きだした相手にはあまり効果的だとは思わない
パスミスから、またボールを失いピンチの連続
まあこれも、選手達がより成熟しスタイルに慣れてくれば、違うかもしれませんが
少なくともリードされている時間帯では、中距離のパスをもっと意識してもらいたかった

悪くない時間もあった。守備陣も良かった
しかし、そこから崩れてしまった
チャンスをつかめていた時間に決められなかった部分や
リードされて、崩れてしまった部分
改善点が浮き彫りになった

アトレティコを褒めるべき部分もあれど、最悪なミスが重なり終わってしまった面は大きい
残念無念

コンディション不良の選手も、そりゃいる
昨季成功を収めたメンバーのままというのは間違ってはいないけど、選手層はもっと厚くしてほしい
起用せざるを得ないというのはいいことではない

ミリートは本当に酷かった
134047_ブログ用1

ポストもスコアラーとしての仕事も満足にこなせず
昨季の不調時に近い
PKまで失敗してしまうなど散々
まあ、昨季も腹調するこは出来ましたし、いずれ本来の姿を獲りもどしてくれるでしょうが…
それまで我慢というのは、チームが犠牲になりかねないし、不安
もう期間少ないですが、誰かを獲ってこれるのかどうか…
エトーをトップへ回し、そのポジションを埋められる人材
マリオの後釜という意味でも必須
今日は、最初から良くなかっただけにベニテスには、ミリートを代えコウチーニョ
などという采配を獲ってほしかった気もします

それとは逆に良かったと思うのがエトー
x610-3_ブログ用1

ここ数試合を通して、ナイスパフォーマンス
攻守に奮闘
攻撃時にはサイドに開いたり、タメをつくったりなどでチームに幅と時間を与えてくれた
左からのカットインからシュートは、これから得点パターンとして1つ確立されてくるかも
ミリートが、不調な今だからこそエトーをトップで使うべきだし
その得点力に期待すべき
個人的な見解でしかないですが、大方そう思ってるんじゃないでしょうか
ミリートには途中出場などで、勘を取り戻してもらえれば…

6冠の夢も潰え、落胆の気持ちも確かにある
しかし、6冠というプレッシャーもあったと思う
この敗北がいい薬になってくれれば幸い
戦っていく上ではこういうことあるもの
この試合で良くなかった点をちんと改善し、CWCではトロフィーを掲げてもらいたい
5冠も凄いことですよ
それはね うん
スポンサーサイト
[ 2010/08/28 16:46 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

UCL10-11 GL組み合わせ決定 & マリオ 


昨季の歓喜が未だ忘れられない現状ですが
新たなCLはもう始まるみたいです
133994_ブログ用1


ということで、プレーオフが終わり本戦出場チームが確定
今日、GLドローが行われ、各クラブの対戦相手が決まりました

が、その前に昨季の UEFA Club Footballer of the Year について

まずは

GK
・ジュリオ
・ロリス
・ヴァルデスが選出されたこの部門

もちろん受賞はジュリオ
133954_ブログ用1

続いて

DF
・ルシオ
・マイコン
・ピケが選出

インテル勢2人どっちかなという感じだったこちら
受賞はマイコンとなりました
133964_ブログ用1

さらに続いて

MF
・シャビ
・ロッベン
・スナイデルが選出

これはもう、発表するまでもなく
スナ様
133971_ブログ用1

そして

FW
・メッシ
・ミリート
・ルーニーが選出

メッシも有り得るかも…
と少し心配でしたが、ミリートが受賞
133980_ブログ用1

最後に年間最優秀選手賞
全てのポジションを統合してのNo1
こちらは見事ミリートが受賞
133982_ブログ用1

全部門でインテルのプレーヤーが独占
134009_ブログ用1


いや~いい光景
素晴らしい

ドロー前のこの発表
毎度毎度妬みの気持ちで見てましたが…
いやはや今回は最高でしたね
133970_ブログ用1

134016_ブログ用1


では、ここからGL組み合わせについて
もう面倒くさいのでパッパと

グループはA

もちろんポット1から、インテル

そして肝心の相手
ポット2では、個人的にパナシ、バレンシア、OM、マドリーとはやりたくなかったですが
結果はブレーメン
x610-1_ブログ用1

プレーオフで、サンプを下し上がってきたブレーメン
一昨季は大分苦しめられました
今夏エジルが抜けたことで、戦力の弱体化が予想されますが
マリンやピサロといった曲者がおり、またインテルも狙っていたウェズレイも獲得済み
アルニーもいます
x610-2_ブログ用1

まだまだ強いことには間違いない
ですが、決して嫌ではない

続いてポット3
ここでは、スパルタク、アヤックス、トッテナムが当たりたくない相手
しかし、ドロー結果はトッテナム
610x_ブログ用1

間違いなくポット3では最も強い
FWでは、デフォー
MFでは、モドリッチやレノン、ベイル
DFでは、ドーソンやキング
GKではゴメス
各ポジションに、ビッグクラブ並みの戦力が揃っており、軸もしっかりとしている
クラウチやクラニチャルなど、オプションも多彩で、控えも充実
難しい相手になることでしょう

が、しかし
スパルタクと当たらなかったのは幸い

さらに続いてポット4
ブルサ、ルビンが避けたかった相手でしたが
決まったのは、トゥウェンテ
610x-1_ブログ用1

オランダ王者との対戦となりました
なるほどそうきたかと
昨季初のリーグ優勝を、果たしたトゥウェンテ
やはり要注意はルイスでしょう
昨季のスカッドであれば、ヌクフォ・ティオテも怖い存在でしたが今はいない
監督もマクラーレンからプロドームに代わり、どうなるかといったところ
正直ルビンでなく、良かったです
トゥウェンテはリーグ王者であり、舐めてはかかれない相手でしょうが、負けてはいけない相手でもある
確実に勝ち点を勝ち取っていかなければいけない
もちろん舐めることなく


色々と不安もありましたが、終わってみると、そこそこじゃないかな~と
厳しい厳しいとは言われてるみたいですが、王者ならこのレベルのグループは突破できなきゃ
最悪ではないですからね
地理的にも楽
難しく、タフであることに間違いはないでしょうが、楽しみ

どいつもこいつも、王者を倒すという高いモチベーションで挑んでくるはず
慢心することなく、今季も自分たちはチャレンジャーなんだという気持ちで迎え撃って欲しい

134004_ブログ用1

現実的ではないかもしれないけど…
やっぱり今季もあのシーンが見たいぞ

134006_ブログ用1


で、マリオに関して
かなーり遅いですが、なんだかんだとあった移籍劇もようやく決着
移籍金2800万+ボーナス(実質3000万€?)でシティへと移籍

Udinese+Calcio+v+FC+Inter+Milan+Serie+7c75TYmwK05l_ブログ用1

Mario-Balotelli_ブログ用1

デビュー当時はねえ
若々しくて、溌剌で限界がない。これぞインテルの未来って感じだったんですが…
デビュー戦VSユーべでのドッピエッタなんて忘れられません…
徐々に徐々に、変な方向へと進んでしまい代理人がライオラになって、結局
代理人が変わった時点でもう、インテルに気持ちは無かったんでしょう
悔しさや無念さも、勿論あります
が、ライオラとはもう縁を切ってほしかったですし、実際そうして良かった
特別で、貴重な才能だったことは確か
しかし、それとですら代えがたいものがあったわけであり、こうなることも仕方がない

3000万もの大金をありがとう スーペルマリオー
610x-4_ブログ用1
代表で頑張って

610x-2_ブログ用1
バイバイさよなら


x610_ブログ用1
インテルは、スーパーカップをゲットすることにするよ
[ 2010/08/27 17:58 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)

スーペルコッパ VSローマ 

inter-e_20100823150022.gif  VS  roma-e_20100823150022.gif


 3     -    1

・ゴーラーン    ・リーセ
・エトエトエト×2
-------------------------------------------------------------

133752_ブログ用1
カピターノ&クチュコンビが底を務める4231でスタート

133753_ブログ用1
フィーゴいたんですね

x610_ブログ用1


133770_ブログ用1
133757_ブログ用1

133726_ブログ用1
133727_ブログ用1
133782_ブログ用1
133728_ブログ用1
x610-3_ブログ用1

133732_ブログ用1
133731_ブログ用1
x610-5_ブログ用1
610x_ブログ用1
x610-6_ブログ用1
133730_ブログ用1
133780_ブログ用1

10~11シーズンメアッツァでの初戦
ここから本格的にシーズンの幕開けともいえるスーペルコッパ
序盤は冷や汗をかかされましたが、終わってみればきっちりと勝利
良かった~

シティ、パナシ、ダラス、TIMとベニテス体制になって何試合かは戦いましたが
公式の試合はこれが初
4冠目のタイトルをかけてとあり、選手達も今までとは違う意気込みだったと思います
そういうことも含め、この辺りからベニテスインテルがより一層垣間見えてくるかなと

で、それを見る限りの昨季との違い

攻撃面で、基点となるのはスナで変わりない
底のクチュから下がってきたスナへ
ここから攻撃のリズムが生まれてくる
右のスペースをガンガン突くマイコンもまた同じ

ただ、若干パス回しのスピードが上がり、その頻度も増えた気はしますね
例えば相手ゴール前まで、ボールを運んだ際
カウンターの場合は昨季とあまり変化はありませんが、相手が揃っているとき
昨季は手詰まりになりがちで、中々得点を奪えない展開がよく見られましたが
今季はより全体で、前への意識が高く分厚さも増し、たとえ相手が揃っていようと
幅をもたせ崩していくことが可能になっていたと感じました

前の4人にマイコンやクチュが加わり、ボールを保持しつつも相手のほころびを瞬時に突いていく
後方からPA内へ侵入していく選手のスピードや数もアップし、
畳み掛けるという面が少し強くなったかなと思います

ですが、リードを奪った後のローマには一苦労
4バック+3センターでブロックを造りPAを固める相手に対し、トップまでは持っていけるものの
フィニッシュを決めきれないというシーンが目立ってしまった
ただ動きはリードされる前と比べ、明らかに良くなっており、押し上げや両サイドの上がりから
攻撃には多彩さが生まれ、チャンス自体もうまくつくれるようにはなっていたんじゃないでしょうか

もちろん相手が引き気味であり、中盤ではある程度自由にプレーすることができた
というのもあるとは思いますが

一方の守備面
この試合では攻撃に関しては、そこまでの不安は感じず
どちらかというとこちら
個々のミスからピンチ というシーンも幾度かあり、裏も簡単にとられすぎた
失点した場面でも、トッティに対しもう少しタイトに寄せパスコースを切っとくべきだったんじゃないかと
明らかにここくるなというところだっただけに残念

あとは少しバイタルでのプレッシャーが甘い気も
エリア内もそれほど固められていたわけではなかったため、
シュートは打たれるし持ち込まれるしで危なっかしい
キヴなんかは、パスミスするわ守備は軽いわでヒヤヒヤさせられました…

裏に関しては、まあ多少の注意不足もあるでしょうが、ライン高めだったこともあり何割かは
仕方ない部分もあると思います
ただミスだけは、直さなきゃいけない
特に最終ラインでとなると本当に危険ですからね


☆個人

・エトー
133754_ブログ用1

相変わらずの運動量で、時に自陣ゴール付近まで下がりディフェンスをこなし、
かつ本来の仕事であるスコアラーも務める
役割以上のものを披露してくれました
パーフェクト
1点目のシーンにはエトーの嗅覚とセンスが凝縮されてます
2列目から、持ち前のスピードで一気にエリア内へ飛び込みワンタッチで決める
今季はこのような場面が増えるかも

・スナ
133755_ブログ用1

いつも通り
判断ミスはまずなく、パスも正確
オフェンスへ転じるスイッチとして、今季も安定感あるパフォーマンスを約束してくれそう

・ジュリオ
133735_ブログ用1

今回ピカイチで光ってました
相手の決定機をことごとくセーブ
インテルにはジュリオがいる
最後の守護神が本当の神ですからね
ありがたや

反対によろしくなかったのは
・ミリート
裏への抜け出しは鋭く、相手DFに対し脅威を与えていたとは思いますが
フィニッシュ含め細かなミスを何度か
まだ調整不足な印象
動きはいいためあと一歩だとは思いますが…

・キヴ
先程も書きましたが、少々不安定だった
1vs1でも軽かったですし、ミスも目立つ
これでは中々レギュラーをたくせない
本来の姿に戻ってくれれば


最終的には2点差での勝利
スコアほどの快勝でもなく、スッキリとはいきませんが
しかし、勝てばいい
守備陣の改善に期待しつつ4冠目ゲットー
次はヨーロッパ
5冠目を手に入れ気持ちよくカンピオナートのスタートを切りたい


133733_ブログ用1


610x-1_ブログ用1


133760_ブログ用1

x610-4_ブログ用1


133734_ブログ用1

133738_ブログ用1

133745_ブログ用1

133743_ブログ用1

133740_ブログ用1

610x-2_ブログ用1

133739_ブログ用1

133742_ブログ用1

133765_ブログ用1

x610-1_ブログ用1

133746_ブログ用1


133762_ブログ用1
[ 2010/08/23 16:18 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

Trofeo TIM2010 VSユベントス、ミラン 

inter-e_20100814172031.gif  VS  juventus-e_20100814172030.gif



 1     -    0

・スナ
-------------------------------------------------------------
毎年恒例TIMトロフィー
今年は、バーリのホームサン・ニコラにて

第一試合は、インテルvsユーべ

スタメンには主力組を多く起用
代表戦を戦ったキヴ、パンデフ、エトーもスタートから
若手、サブではヌワンコ、オビンナ、マテが入る

133456_ブログ用1

x610_ブログ用1


133431_ブログ用1
133434_ブログ用1
133435_ブログ用1
103373036_ブログ用1
133436_ブログ用1
133438_ブログ用1
610x_ブログ用1

上々
コンディションが整いきっていない選手
代表帰りで疲労が溜まっているであろう選手
幾人かのプレーヤーにとっては難しい試合だったでしょうが、それでも動きは一定の水準を満たしていた
疲れてるでしょうに、この辺りは流石一流は違うなと思わされましたね
素人のクソッタレがいうことでもないですが、頭が下がります
合流して間もないスナさん やっぱ凄い

昨季から使用している4231
そして、連携面でもスムーズな面子であっただけに開始からうまく試合のペースを握れ
カウンターからうまくチャンスを掴めていました
マイコンの存在感はやはり凄い
持つとそれだけで何かが起きそうな
仕上がり具合も万全の模様
133460_ブログ用1

陣形はほぼ乱れることなく、リトリートも全体でスムーズにこなせていました
タイミングよく寄せ、コースを切り、自由にさせない
守備も機能的でしたね

ひとつ見ていて感じたのが、多少エリア外からのシュートというものが多くなったかもしれない
ゴールへ対する意識の高まりといいますか
狙えるだけのコースがあれば狙っていく
個人的にも積極的に狙っていくというのは、いい効果を生むと思いますし
例えそれがゴールへ繋がらなかったとしても、相手への牽制にはなる
実際どうかはもっと見ないと分からないですが、そういったゴールが増えるのであれば楽しみではあります

この試合唯一プリマ組からスタメン入りとなったヌワンコについてですが
簡単にまとめると悪くない といったとこ
133449_ブログ用1

いくつかのミスも見受けられましたからね
ですが、全体的には、冷静で状況をよく把握できており
シンプルにさばくべきところではさばきつつ、隙あらば縦パスを狙っていく
と、中々のものを見れたなという印象
マリガほどのインパクトではないにしても、より成長すれば楽しみな人材であることには違いない

終始流れを掴み1-0勝利
まずは一勝
危なげなく、安定感さえありました

続いて、ミランvsユーべ(1-1)があり

第3戦

inter-e_20100814172031.gif  VS  miran-e_20100814175237.gif


 0     -    0

PK 3 - 2
・ミリート○    ・フラミニ×
・マンシーニ×  ・インザーギ×
・コウチーニョ○ ・オッド○
・オビ○      ・フンテ○
・デキ×      ・ロナウジーニョ×
-------------------------------------------------------------

ユーべ戦から、ガラリとメンバーを入れ替え若手を中心に構成
マイコン、マテ、ヌワンコ以外はサブ、若手組

しかし、それが影響してか序盤はヒヤリとさせられるシーンが何度か
マテコルのコンビにも、衰えが見られ…
CBがミスをしてしまうと、そのままピンチへと直結してしまう
ある程度安定はしていても、そのミスが命取りになるときもありますからね…
もっと丁寧なプレーを心がけてもらいたいところ

シティ戦以来のトップ下となったコウチーニョ
133457_ブログ用1

やはり中央で自由に動けると、うまくスペースを突いてくれる
ミリートとの連携も中々良い
動き出しも合ってましたし、預けて裏へのパターンも
ひとつ相手を崩す際の大きなオプションになるかもしれない
ミリートの調子がよろしくなく、チャンスをチャンスに出来なかったのが
残念で不安ではあるものの、まあ徐々に上げてきてくれるでしょう
コウチーニョがチームへ溶け込んでいるようでなにより

ここ数試合で驚きを提供しているナタリーノは、今回も見ごたえあるパフォーマンスを提供してくれました
持ち味の粘っこいディフェンスに加え、タイミングの良いオーバーラップからの正確なクロス等
攻撃面でも出来るというところを強烈にアピール
元々プリマでも有望な選手の一人と数えられていましたが、いやはや予想以上

ナタリーノ、マリガはプレシーズンの大きな収穫じゃないでしょうか
特にナタリーノ(マリガは昨季も、出た試合ではきっちりと仕事をしてはいただけに)
期待を寄せすぎるのもいけないですが、凄く楽しみな選手

ビアもキレのある動きを見せ、幾度か鋭い突破を披露
簡単にボールを失ってしまう部分もありますが、こうドンドン対人を挑む選手は頼もしいものがある
もちろん失われると困っちゃいますから、これからキッチリ成長していただきたいですが
ロストしても、その分突破すれば文句はないですよ

チームとしては、デキやヌワンコの攻撃参加が少なかったため、それにより攻撃に厚みが加わりきらず
結果相手を攻め立てるに至れなかったかなという印象
立ち上がりは、ビアもコウチーニョもうまくボールをコントロールできてなかったですし
45分ということもあって点を奪うことが出来なかった

結果的には2勝でしたが、まあこの大会じゃそういうこと云々より個々の見定めという意味合いの方が強い
ベニテスの目にはどう映りましたかねえ
ナタリーノもっと見たいぞ

133466_ブログ用1
[ 2010/08/14 17:57 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

VS FCダラス 

inter-e_20100807170340.gif  VS  viewimg.gif



 2     -    2

・ミリート     ・イエメル
・エトー      ・フェレイラ
-------------------------------------------------------------
133096_ブログ用1

133104_ブログ用1
133106_ブログ用1
133107_ブログ用1

あと、エトーのミドル

PSM 3戦目
シティ、パナシときて、今回はダラス戦
前の2試合では、W杯組は控えに、先発は若手主体でしたが
この試合では、スナ意外のレギュラー組を先発で一気に起用

システムは442といったところ
エトー、ディエゴの2トップに、パンデフ、コウチーニョのサイド
ただ状況に応じて4231や433へシフトし、コウチーニョ、エトー、ミリートだったりエトー、ミリート、パンデフだったりと
並びもその時々で変化
流動的ではありました

前半は、皆まだW杯の疲労が抜けきっていないのか全体的に動きが悪く
凡ミスも目立つ展開に
パスミスや、注意不足などからピンチをまねいてしまう
仕方ない部分もあるかもしれませんが、もっとしっかりしてほしいなとは感じましたね

攻撃面でも、機能していたとは言いがたい
デキやクチュが前を向いた際に2列目がワイドに広がっているため
縦の関係で、攻撃を組み立てることが出来ず、中々2トップへと収まらない
コウチーニョは左だと、うまく絡むことができないようですし
パンデフは気の利いたプレーや瞬間の巧さはあるものの、サイドを攻略できるほどの突破力はそなえていない
サイドに納めても、中々攻撃にリズムが生まれないためどうにも相手ゴールへと迫れない
442というシステムである以上、サイドが縦に行けないと攻撃が停滞しがち

ここのところベニテスは442を何度か試していますが、いかんせんあまり良い結果が出ていない
適正の問題であったり、中盤にクリエイティブな選手が不在で、ラストパスを供給できない
というのもあるかもしれませんが…
モッタやスナがいればまた違うのかもしれない
しかし、現状では4231がベスト
エトーの得点力を活かす為にのトップならば、慣れ親しんだ4312の方が良い感じも受けます

コウチーニョも、サイドで前にスペースがある という状況下より
自らの前にFWがおり、そのプレーヤーとの関係で相手を揺さぶったり、自分で狙いにいったり
というほうが能力が活きてきそうですし
サイドではFWとの距離が遠く、やりにくそうな印象が残りました

途中から入ったサントンは中々良かったんじゃないでしょうか
怪我の影響というものはさほど見られず、キレのある動きも何度か披露
万全ではないでしょうが、期待の置けそうなパフォーマンスでした

そして今回最もいいと感じたのが、マリガ
PS通して、抜群の安定感
攻守に大きな存在感を放つ
タイミングのいい攻め上がりやフォローがとにかくうまい
相手のプレッシャーをいなすテクニックもまた凄い
パス精度はより上げて欲しい気もしますが、このスケールの大きさはかなりのもの
すでにレギュラーでも問題ないでしょうが、より完成度を高めれば本当にヴィエラクラスになれるかもしれない
このポテンシャルはかなり楽しみです

結果として2-2のドローに終わりましたが、まあまだプレシーズン
結果云々よりも収穫の有無のほうが大事
そういった意味では、有意義だったんじゃないかなと思いますね
凡ミスは勘弁してほしいですが

マイコン残ってくれー
[ 2010/08/07 17:43 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)

Pirelli Cup 2010 VSマンチョスターシティ 

inter-e_20100802021751.gif  VS  viewimgphp.gif


 3     -    0

・ヴィクトル・オビ×2
・ビラーギ
-------------------------------------------------------------

いよいよ新生インテルの初陣
相手は、マンチョ率いるシティ!
… のはずでしたが、マンチョは不在
少し残念でしたね

まあしかし、コウチーニョの加入を初め今季もまた面白そうな選手が揃っているだけにウキウキでした

132812_ブログ用1

x610-3_ブログ用1
132821_ブログ用1

x610-4_ブログ用1
132835_ブログ用1

132831_ブログ用1
132832_ブログ用1
610x_ブログ用1
x610-2_ブログ用1
x610-5_ブログ用1
132834_ブログ用1


x610-6_ブログ用1


しち面倒くさいのでとっとと結論からいいますが、凄くいいサッカーが出来ていたと思います
パトリックが、早い時間に退場してったため11vs10だったという部分もあるでしょうが
x610_ブログ用1

自分はそれ抜きにしても十分良かった印象がありますね
実際11vs11での時間帯でも、インテルがボールを支配していましたし、
序盤こちらのミスや個人の技術により、何度かヒヤリとさせられたものの
前線から最終ラインまでをコンパクトにうまく保ち、早いパスワークでバランスのよい攻守を見ることが出来ました

とにかく寄せが早かったですね
相手がボールを持つと、素早く2~3人の選手がチェックにまわり中々前を向かせない
2列目と3列目の連携した守備は、とても初陣とは思えないもの
特にクチュの存在感は際立っていました
今季は昨季以上に重要なピースとなるかもしれません

コンビを組んだマリガも素晴らしかった
x610-1_ブログ用1

昨季見せたダイナミックな攻め上がりや、冷静かつ正確なパスさばきを遺憾なく発揮
アデバやヤヤといったフィジカルおばけ相手に全く負けていなかったのも凄い
この2人がレギュラーでも、全く問題ないでしょうねえ
中盤の底はチームを形成する上で、最も重要なポジションともいえるだけに選手層が厚いに越したことはありませんが

攻撃面ではベニテスらしさといいますか、よりショートパスにこだわった展開だなという感じ
ワンタッチ、ツータッチ 場合によってはダイレクトでスピーディーにボールを回しつつ
全体をグイグイ押し上げ相手にプレッシャーをかける
流動性にも富んでおり、見ていて面白みのあるサッカーでした

オビンナのドッピエッタや、ビラーギのゴラッソと少し意外なことが起こった試合でしたが
3-0という結果も必然といえると思います

待望のコウチーニョはまずまずといったところでしょうか
132828_ブログ用1

随所では巧さやセンスを見せ付けてくれましたが、まだまだ調子は完全ではなさそう
当たり前ですけども
ただ、周りとより馴染み、スタイルに慣れてくれば凄く期待できそう
ああいう選手は今までのインテルにはいなかった選手
昨季以上を目指す上では重要な選手になるやもしれません

他にはオビもよかったかな
フィジカルなどの面では物足りなさこそあったものの、技術面では十分トップで通用しそう
周りも良く見れていますし、もし仮にターンオーバーをするのならカンピオナートでの起用もあり得るかも

まさかのロングシュートをぶちこんだビラーギも面白い
両足を使えるというのは利点として高いものがある
セレブレーションには心をギュッと掴まれましたよ
頑張って欲しい

ナタリーノも落ち着いて対処していましたし、プリマ組の選手達にも好印象

結果、内容、そして目的
あらゆる面で満足のいく試合になったんじゃないでしょうか
もちろんまだ1試合消化したにすぎませんし、継続がなければ意味もないと思いますが
今後がおおいに明るくなるような
そんなパフォーマンスだったでしょう
期待したら裏切られちゃいそうで怖いですが、しかし楽しみ
コウチーニョとスナが揃ったら…

いやウキウキが止まらないなあ
132838_ブログ用1
[ 2010/08/02 01:55 ] インテル 10~11 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。