スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

木っ端 準々決勝 VS老危腐人 ユベントス 


 inter-e_20100126002611.gif  VS  juventus-e_20100131022416.gif
 

   2    -    1

・ウェズレイ(ルシオ?) ・ヂエゴ
・マリオ
-----------------------------------------------

125808_R_20100131022535.jpg

125840_R.jpg

610eex_R_20100131022633.jpg

125825_R.jpg
125826_R.jpg
610ax_R.jpg
610dx_R.jpg

125827_R.jpg
610x_R_20100131022954.jpg
125828_R.jpg
x610_R_20100131023116.jpg

チーロよ さようなら
引導をプレゼント

赤黒からの白黒ということで中々きつい日程
かつどちらもできる限りのフルメンバーで挑んできたため結構にハード
フェラーラはクビもかかっていたため名誉にかけてといった感じでしたかね

しかし、序盤から主導権はこちらが掴む
というか、ユベントスは結構引き気味で挑んできました

ヂエゴのラッキーゴール以降はより

トルドのミスは大きかった
まさか でしたから。。
rt610x_R_20100131023845.jpg

痛恨
衰えなんでしょう。そろそろビビアーノやアルフォンソか…

その後はガッチリ守るユーべを崩しきれずヤキモキする時間が続く
コンパクトにまとまっておりポゼッション、シュート数こそ握ってはいましたが決定打がない

しかし、後半からは徐々にゴールへ迫りだしディエゴ投入と433へのシフトで一気にテンポアップ
スナのFKを押し込んだルシオを皮切りにゴールを脅かし続け、最終的にマリオが決勝点

結果的には勝利を手にし、守備を固めるユーべ相手にも勝てるということを証明できたのは良し
全体では守備もまとまっており、悪く無かったですね

個々でもそこそこ
モッタはサボらずチェックもこなし、パスもうまいこと散らせていました
125816_R.jpg

運動量は相変わらず少ないですが、前線へもタイミングよく顔を出し決勝点へ繋がるシュートもあった
期待値から考えればいいパフォーマンス

サントンもOK
125824_R.jpg

攻守のバランスはほぼパーフェクト
体のキレも戻ってきているみたいですね
マイコン以上の輝きでしたし、パス等で細かなミスはあったものの復活は叶ったと言えそう
ただもっと深く切り込んだり、左足での扱いに慣れなければならない
本職ではないポジションで難しいかもしれませんがそうしなければ真に信頼は置けませんからね

マリオは最後こそスポットライトを浴びる、貴重なゴールを挙げましたが全体では…
xw610_R_20100131025232.jpg

もう少し動きにバリエーションや意外さが欲しいかな
裏へ抜ける動きというものは皆無だし、単調であるためロストすることも多い
左右を囲まれた状態でも平気で貰おうとするのはどうだろう
出してもカット。。
すぐにサイドへ流れるクセもどうにか
得意なパターンであるのは分かりますが、状況に応じた選択が必要
スタイルとしてあってもいいし有効ではあるものの、2トップでは2人の距離感も大事
私的にはよりエリア内でも存在感を放ってもらいたい
打てると思ったらすぐ打つのも…
今回は1vs1の局面でも終始負けていましたしあまり良くは無かったでしょう
ダイブもほどほどにしなきゃ本当にファールでも貰えなくなるぞ


審判に負けさせられかねない試合でしたが、よくぞ勝った
色々な面で難しい試合でしたがこれが今年のインテルか
リベンジも果たし、ホッとしました

まあこれでまた多くのコンペティションを戦わなければいけなくなりますが

61e0x_R.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 03:03 ] 木っ端やらなんやら | トラックバック(-) | CM(1)

第21節 VSお隣ミラン 

inter-e_20100126002611.gif   VS   miran-e_20100126002636.gif


   2    -    0

・Principe      
・ゴーラーン
-----------------------------------------------
上り調子で連勝を積み重ね、逆転スクデット!
と意気込んでいたミランとのデルビー
例年以上の熱気と気迫

これぞまさしくderby


inter_milan_curva_nord_nerazzurra_R.jpg

xw610_R.jpg

x61aa0_R.jpg

125608_R.jpg


125618_R.jpg
6ea10x_R.jpg
61f0x_R.jpg
61vc0x_R.jpg
x61q0_R.jpg
x61op0_R.jpg
x610p_R.jpg


610cx_R_20100126004641.jpg
610ox_R.jpg
610x_R_20100126004833.jpg
xr610_R.jpg
125637_R.jpg
610xx_R.jpg
610ex_R.jpg


サーンバ サーンバ サーンバメアッツァ!

やはり勝ってこそのデルビー
味わえる歓喜も落胆も唯一無二
ましてこのプレッシャーとアクシデントの数の中…


スタートはクチュ、カピタン、スナ、ムンタを中盤に据えた4312
やはり最も機能するんだなと実感
アンカーにクチュが復帰したのも大きいですが、よりコンパクトかつスムーズ、スピーディーに展開できてましたからね
クチュ、スナの縦ラインは安定感があり、見ていてすごく安心できる

まあスナは退場となってしまいましたが…
61x0x_R.jpg

スナ退場後は顕著に影響がでてしまい、形勢逆転
折角ディエゴ、ゴランのコンビ+スナのコンビネーションがよく機能しいい流れを掴めていたのに残念
クチュがバランスを保ちきっちり締めていたためポッカリスペースが空く様なこともなく
穴が見られませんでしたからね。。

納得いかない退場劇だっただけにもし結果が結果であれば憤怒以上の怒りを覚えていたと思います
それでも多少の怒りは残ってますが

最後まできちんと揃っていればより楽に勝利でき得点も重ねられたかもしれないと思うと

ただゴランが2トップを組むとかなりの働きができると分かったのは嬉しいところ
xz610_R.jpg

やはり中央だとやりやすそう
ディエゴとの相性もよく、これはエトーも安泰じゃないかもしれません。

これからより調子も上げていくでしょうし、ニヤニヤしますよ

2点目のFKは素晴らしい
Mr.FK スナを欠く中
ここぞとばかり決めてくれました
苦しい時間帯だっただけにこれは1つの点という以上に大きな意味を持ったでしょうね

xt610_R.jpg


出場が危ぶまれたムンタはよくも悪くも相変わらず
125610_R.jpg

とにかくシンプルにプレーさせればギリギリではあれど起用可能ではある
まあ負傷が完治してない中よくやってくれた方かもしれませんが、しかし通常でもあれくらいですからねえ
出し手として"預ける"のではなくあくまで奪取役

奪って戻す

これだけをやらせれば使えるには使える
自ら狙ってはロクなことにならない。。

まあそれだけでも多少我慢してですけども…

久しぶりのスタメンとなったサントン
6xa10x_R.jpg

とりあえず及第点は与えられる出来だったと思います
マイコンとのバランスを保ちながら無難に といった感じでしたが。

サイドでの1vs1の場面で、もう少しタイトに!
と思う部分もありましたが、それでも抑えるシーンは抑えてました
十分なレベルのパフォーマンス
今後もスタメンで起用しても問題ないんじゃないかな


いい流れを掴んでいた時間帯に1点
苦しい流れだった時間帯にセットから1点
獲るべきところ、獲って欲しいところで獲れたのが大きかった

通常であれば失点というシーンでもジュリオーネ
julio_cesar_ap_R.jpg

が光り、バックスもミラン両サイドからの高精度クロスをシャットダウンし続けよくやってくれたというところでしょう

デルビーなら勝てばOKですが、クオリティーの高いサッカーだ
復調だ 強いだともてはやされ、そのままスクデットという雰囲気だったチームを叩けたのはデカイ
やはりセリエの覇者だということを証明

この勝利でスクデット争いが楽になれば

正直 もしかしたら… という思いもありましたが、そんなヤワではないみたいですね
まさに誇れる試合となりました

y610x_R.jpg

x610_R.jpg

w610x_R.jpg

x6d10_R.jpg
x61ee0_R.jpg
流石です。。
[ 2010/01/26 01:46 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

第20節 VSニワトリバーリ 

bari-e.gif   VS   inter-e_20100119010400.gif


   2    -    2

・バレート×ドッピエッタ  ・パンデフ
                
                ・ディエゴ
-----------------------------------------------
125387_R.jpg


125391_R.jpg
6a10x_R_20100119010652.jpg
125392_R.jpg

125394_R.jpg
610x_R_20100119010805.jpg
6s10x_R.jpg

危なっかしい

いや~危なっかしい危なっかしい
2戦連続危なっかしい
追い上げをするよりゆとりを持ちたいですよ

バーリは確かに組織立っていて、早い
攻守の切り替えはかなりのもので圧倒されてしまった
バレートのキレとスピードも恐ろしくヒヤヒヤ

しかし、ガンガン人数かけてくるバーリに対しあまりに対抗できていなかったのは問題
当たりが弱く運動量も少ない
4213の2
ムンタとカピターノのセンターはおおいに穴
フィルター役としてはプレッシングもあまいし簡単に通しすぎ
そのせいでバックラインはズルズル下がるし、中盤とバックスでポッカリスペースが空いてしまう
結果としてバーリにテンポアップされ劣勢にたたされる
カピタンの中盤もこのシステムでは厳しい
ムンタに関しては… あまりにミスが多い
出来ることならもう見たくないですよ。。

トップ下のウェズがふんばりなんとか攻撃の形をつくってはいましたが、それも限界がある
元々フィジカルが短所であるだけに1人で奮走しても無理があるって話
ウェズに対しサポートが少なく、攻撃面はほっぽらかしかと
攻守両面で中盤は酷いクオリティー

カピタンの位置にデキがいればよりバランスはよかったでしょうし、スナも、もっと伸び伸びできた
デキの存在は地味ながら大きいんですよねぇ

あと、トップの寄せもあまいあまい
連動したプレッシングをかけ焦りを誘いたいところでしたが…
パンデフはもっと走り、エトーとディエゴ並に互いを理解しあわねば
125405_R.jpg

まあそれでも、2つの点に絡み貴重な活躍をしたのは確か
まだまだ試合勘が戻ってないだろう中ファーストゴールを決めたのはとりあえずの評価には値する
コンディションよ 早く戻って来い

マリオはサイドへ張りすぎ
タッチライン際ばかりではなく、より中央へ入っていく動きなどもほしい
125389_R.jpg
折角のキープ力がスローインやFKにしかならないのは勿体無い
守備面ではジョゼが言っていたほどではないにしてもよかったとは言えない

スナ"ばかり"頑張っても限度がある
選手たち個々の問題でもあるだけに自らで改善していかなければ直らないでしょう これは

後半一気に2点獲り返したのはよくやったと思います
ですが問題は失点

ムンタ、クアレスマは計算できない
リカルドはもうダメ 我慢ならない。いつまでもいつまでも待ってられるか
もう十分待った ヴィオラ戦はただの奇跡 ドリブラーなわけがない。あんなに抜けない選手はいりません。
125403_R.jpg

画像だけみればできる人っぽいのに。

サントンやクチュの復帰が頼もしいですが守備陣含め不満が多い
次はデルビーだというのに…

まあ本来の姿はこんなものじゃない
クチュが復帰すればより中盤も締まる
サントンがいれば左からの押し上げも期待できる
あとはバチスタが早く決まれば…

PS
マイコンが今のままなら放出でコラロフの方がよさそう
[ 2010/01/19 01:46 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

第19節 VSそのまんまシエナ 

inter-e_20100112010815.gif VS siena-e_20100112010843.gif


   4  -   3

・ディエゴ        ・マッカローネ×ドッピエッタ
・スナ×ドッピエッタ  ・エクダル
・サム
-----------------------------------------------
61a0x_R.jpg

610bsx_R.jpg


125209_R.jpg


125211_R.jpg
610aax_R_20100112012606.jpg
125193_R.jpg

125213_R.jpg
61220x_R.jpg
610xew_R.jpg

125225_R.jpg
125197_R.jpg

125226_R.jpg
Part-3800-125177.jpg
125199_R.jpg
125205_R.jpg
125202_R.jpg
610x_R_20100112013829.jpg


よく言えば劇的
悪く言えばただの馬鹿試合

まあ、怪我人多発の中よくやった方か
ちなみに怪我人
・マテ
・キヴ
・サントン
・カンビアッソ
・ムンタリ
・クリン

さらにエトーはANCでいない
スナ、モッタもいつ離脱するか…
不安はつのるばかり

今回はマリオも累積で出場停止
限界ギリギリ
崖の上を行くかのごときギリギリっぷり

結果もギリギリ

失点シーンのほぼすべてに自らの責任がある
1点目は完全にうかつ
ミドルを打ってくるという危機感は感じなかったのか
何故にスペースをプレゼント…

プレッシングが甘すぎる
やはり中盤に守備でこそ持ち味を発揮するというような選手を欠いていたのはデカいということなんでしょうか
締まらない
微妙にバックと間が空いてしまいます
モッタもデキも本来より前のポジション
そこそこ出来ても早い攻撃となると遅れる
ましてそのデキさえ負傷離脱
モッタは守備に期待できそうもないし、危なっかしい
非常にジーザス

2、3点目も見てませんでしたね
大概がボールウォッチャーとなり注意を怠った結果
たかが1人されど1人
ゴール前という危険なゾーンでは視野を広く持ち、失点しない位置取りが必要
今更考えることでもないだろうに。
ハイプレスとは言わないまでもここ大事という局面ではしっかりとかけましょう

全体では満足いくシーンというのが中々見られず
個人個人ではそれなりに手応えや収穫を得るものもあったでしょうが。。

ゴランなんかは、前回よりさらにパフォーマンスを向上させた例
125210_R_20100112020529.jpg

まああまりレベルの高い向上ではないものの。しかし順調
決勝点となったサムへのラストパスなど目立ちはしないもののキラリと光るプレーが見られた
外から内へ切れ込むという動きは求めていたもの

終盤は存在感が放てませんでしたが、アクセントをつけるドリブルやパスなどには期待できますね

アルナも大変満足
とまではいかないものの、色々と特徴も掴めてこれこれからさらにアルナウトビッチというプレーヤーは楽しみ
前回よりさらに出場機会が伸び、いい傾向
125222_R.jpg

ズラタンの後継者という触れ込みでしたがより守備にも奮闘するタイプみたいで
チームの為になる選手はいいモノ
ミスも少なく、どちらかといえばポジティブな印象が残りました
トゥエンテ時代のようなサイドでのキープ力なども見てみたいところ
リカルドを起用するならアルナに期待してみてもらいたいかな

そして当のリカルド
125214_R.jpg

というかもうヴィオレスマ

どうあれとりあえずは出番はまだあるでしょう
しかし長くは無い
生かすも殺すも自分次第
機会を活かさねばジョゼにも見限られる
今回の様であれば放出は免れない

スナの輝きと相反するチームにイラッとした面もありますが最後の底力など最終的にはよくやってくれたぞという感じ
3-3の場面でなお勝利を狙い時間稼ぎに走らなかったシエナには感謝とともにこんな順位で終わるべきじゃないという思い
頑張って欲しいですね
ポジティブな面、ネガティブな面 いろいろとありましたが、ジョゼはどうしてくるか

デキも負傷メンバー入りで
今度はクリセティグあたりにも出番があるかもしれない
嬉しいような不安なような複雑

そういえばアレン セリエデビューでした
125223_R.jpg

少し緊張してたかな。無理も無いか
期待してますぞ

今回はスナの絶好調ぶりとディエゴの腹調(もともと不調など無かったか)、キヴへのメッセージが見所でした
[ 2010/01/12 02:30 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

セリエ再開 第18節 VSフライング・ドンキー(キエーボ) &パトリックさいなら 

chievo-e_20100109032352.gif VS inter-e_20100109032310.gif


   0   -   1

        ・マリオ
-----------------------------------------------
125034_R.jpg

125036_R.jpg


125037_R.jpg
125062_R.jpg
125039_R.jpg

ゴラン早速のデビュー&リカルド復帰 がしかし…


2010年
セリエ再開 初戦はキエーボ戦
前日移籍が決定したパンデフが会見もまだ中早速スタメンスタート
マンC移籍ほぼ確定だったヴィエラも駒不足により否応なしに先発

しかしそれにしてもピッチがボロボロでしたね
劣悪もここまでくると笑える
なんとか回せるというレベル
跳ねるわ、止まるわでトラップ後も思うように扱えなかったという印象
個々人パススピードなど細かい調整に苦労してたんじゃないでしょうか
そんな中スナは相変わらずうまいものでしたけど


今回がラストゲームとなったパトリック
125043_R.jpg

最後の最後に優れたパフォーマンスでした
チェックもサボってませんでしたし、パスさばきや押し上げなど随所に存在感を放つ
往年と同じレベルとはいかないまでも、老練なワザやポジショニングなど あるんですよね。
守備に重点を置いた配置が功を奏したかな


試合後なにかと話題にのぼっちゃってるマリオ
610x_R_20100109040523.jpg

露骨過ぎるよ 態度が
ふてぶてしい
あれがキャラクターではあるものの、観客のブーイングに乗ってイライラした部分もあるでしょう
(というかそれが大半でしょう)
イライラするのは分かるし、それは普通
しかしFWならばそれをゴールでお返しするくらいの根性をもってないと
我慢できないにしても、ああも露骨にだしては喧嘩売ってるのと同じ
所詮プロフェッショナルとその辺のおっさんとではものが違う
露骨にだすくらいならもっと姑息に出していけ
学習が必要 こういうことで毎度毎度周りが見えなくなってるようじゃ本当にカンピオーネになれませんよって

あそうそう、このまま返却か… と半ば諦めムードだったアルナがついに出場しましたね
時間が時間だっただけに持ち味をだすことは叶わなかったもののこれからチャンスを与えていくつもりなんでしょうか
そうなればエトーが帰ってくるまでがリミットとなるはず
出番があるとなればそれを生かすも殺すも本人次第
試合勘などそうそううまくいかせることは出来ないでしょうが時間もない
アルナには少し可哀想ですが頑張ってもらいたい


全体的には前半は割りとエキサイティングだったものの後半はおとなしく
ペリッシエルには脅威を感じ続けました
かろうじてオフサイドに引っかかり助かっていたもののその何度かは紙一重
もう何段階か上のクラブなら…
失礼かもしれませんがもう少し若ければ今頃引っ張りダコでしょうね
まあキャリアを積んできたからこそのものかもしれませんが

いやー
それにしてもピッチ

何度も言って申し訳ないですが酷い
仮にも3大リーグの一つだというのに…
いやそれ以上にプロがやるピッチか
ある意味プロへの侮辱
正直これでチームを判断していいものなのかどうか
ディエゴが少し不調を引きづってる様に写ったんですがまだ何とも言えない
サン・シーロもあまり良いものではありませんが比じゃないですよ

おっと忘れるとこでした
ゴラン、ゴラン
125052_R.jpg

試合勘、コンディションが戻ってくればいけそうですね
あまり状態のよく無いだろう中いい動きを見せていましたし
連携面も整いきってない中ディエゴとの位置関係もよかった
エトーがカムバックするころには完璧にフィットしきっているかも
なにより継続性が必要ですが


キヴは大丈夫だったみたいでよかったです
125045_R.jpg
125055_R.jpg

あれはキツイ
頭蓋骨骨折に内出血
手術は成功したようでホッとしました
救急車で運ばれていくときは目がうつろでしたからね…
無事でなにより
戦力的ダメージも大きいですが復帰を急ぐことはいいことじゃない
ゆっくりと回復を

しかし、これでまた補強話が大きくなりそう
私的にはSBよりCMFかな
プッピ、サントンがいればキヴの穴は埋まる
パトリックの穴という意味も含めそちらの方がより効果的な気がします

キヴは今季絶望の可能性もある
シーズン後にW杯が控えてないのはせめてもの救い
キヴにとっては救いでもなんでもないとは思いますが、身体が一番


試合後
パンデフの記者会見
125084_R.jpg
125090_R.jpg

改めてよろしく

そして先ほどパトリックのマンC行きが正式発表
viera500_500_R.jpg
article-1195746-057EEC29000005DC-261_468x532_R.jpg
viera_248329t_R.jpg

代表命でパフォーマンスは安定感が無く、怪我しがちで年俸は高い
決定的ミスをしたこともある
しかし、やっぱり凄い時は凄い
なんだかなと。
本音を言うと放出できてラッキー
といった感じなのですが、感謝もある。さんきゅー
マンチョと共に頑張れ
[ 2010/01/09 04:54 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

Goran Pandev が戻ってきた&Suazo 

xin_10208060709580622777719.jpg

pandev-celebrates-af_48110.jpg

Goran Pandev4

ラツィオ側との問題は完全に解決したわけじゃないですが、とりあえず晴れてインテリスタとなりました

元々はインテルにいたパンデフ

現在のFW陣にはない機動力やドリブル、パスなどの閃き
2トップでも3トップでもプレー可で、必要とあらばスナの穴埋めも出来る
そのユーティリティー性に加え完成度の高さは大いに期待できますね
エトーのバックアップでは終わらないってところを見せてもらいたいものです

ラツィオで見せた働きを是非インテルでも

あと、スアゾ
6a00d83451c1ce69e200e54f2d90068834-800wi.jpg

david-suazo-2008-soccer-inter-vs-bari-estero-friendly-match-july-27-2008-wVBks3.jpg

入団時のエピソードがエピソードなだけに残念ですが、仕方ない
代表選手としてW杯も控えてますし、インテル側としてもパンデフを獲ることで余剰人員となってしまってましたからね…
中々爆発力を見ることはできませんでしたがチームに捧げる姿勢には感謝です
ジェノアでクレスポとのコンビ
見せて欲しいもの
[ 2010/01/05 01:46 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。