スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第17節 VS水色ーマ(ラツィオ) 

inter-e_20091221221618.gif VS lazio-e_20091221221653.gif


  1    -   0

・エトエトエトー
-----------------------------------------------
124549_R.jpg

610aax_R_20091221221824.jpg

ds_R.jpg

ws610x_R.jpg
610eex_R.jpg
124552_R.jpg
61w0x_R_20091221222021.jpg

磐石の態勢でウインターブレイク

かなり寒そうでしたね
選手達も口々に言ってましたし
氷点下の中でプレーしろといわれても出来ませんよ 自分は
観客も寒そーでした

え~スナが前節退場した為スナ抜きの4312でスタート
サプライズ的な要素としてはムンタの左SBでしょうね
リボルノ戦で手応え掴んだか

キックオフから随所にスナの不在を感じさせる場面もありましたが
トップの動きと中盤の頑張りでカバー
デキやモッタなどが持つと、トップ2人の内1人が下がり目にパスコースを確保しそこから迫っていく
リードを奪うまでは追い越す動きもしっかりと
意識付けは中々OK

中盤から前では早めに寄せ、高い位置でのボール奪取を狙う
攻守の切り替えも良かった
ただ、ゴール前では手詰まり気味だった印象が
折角早い展開で運べてもチャンスを演出できるプレーヤーがいない
フィニッシャーは揃っていても、どうもエリア内などで決定打を打てず
相手陣内の深くまで切り込めてはいたものの再度下げて組立直し

敵が揃いきっていないところで素早いアタッキングを見せても
変化をつけられるプレーヤーを欠く為か逃げてしまいますね
無理にでも切り込むプレーヤーというのは時に重要
無用な突破を試みるバカタレは要りませんけども

こういう局面もモノにしていきたい

全体的には浅~い尻すぼみの様な
ラツィオの不甲斐なさも相まってましたが
とりあえずエトーはきっちり決めてきますね
最近少しディエゴが不調気味なのが気がかりではあるものの
124559_R.jpg

冬休み明けに復調してくれれば…

とにもかくにも、勝利で今年を締めくくれて良かった
来年も勝利でスタートしたいとこ
スポンサーサイト
[ 2009/12/21 22:48 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(1)

木っ端09~10 5回戦 VSリボルノ+CLドロー 

inter-e_20091219021238.gif VS livorno-e.gif


  1    -   0

・スナイデル
-----------------------------------------------
124345_R.jpg

124353_R.jpg

124355_R.jpg
610x_R_20091219022954.jpg
124356_R.jpg

ミッドウィークのド深夜ってジャパニーズインテリスタには堪えますね~
2時間くらいしか寝れませんでした…

内容はまあ安定して主導権を握り続けた磐石の試合といったところでしょうか

昨季のサントンに続き今季はジュリオ・ドナーティがデビュー
124363_R.jpg

なんだかこうプリマ上がりの選手などが試合に出てるだけで嬉しくなるのは自分だけ?
ウキウキしちゃいます
思い入れの違いかな

初めてプレーを見ましたが、トップデビューということでバランスを大事にプレーしたといった感じでしょうかね
とりあえず、オーバーラップはうまい
いい時にいい位置にポジショニング
クロスの質も中々のもので大きなインパクトこそ残してはいませんが、トップでも十分いけると思います

しかし、それも1試合で判断できるものじゃない
現時点での印象としては です

こう言っては何ですが、予想以上に楽な展開だったしむしろもっと苦しめてもらいたかったくらい
いや、Mではないです
リードを奪ったあとは一気に緊張感のない間の抜けた試合になっちゃったんで
そんな相手に対していいも悪いもなんとも…

なのでもう1回見てみたい
できればカンピオナートなど
手応えとしては上々

今回はCBに入ったキヴについてなんですが、やっぱりここが定位置というか
一番安定したパフォーマンスが見せられるみたいですね
競り合いなどでは高さの無さを感じましたが、ルシオの相方としてはバランスもとれてていいんじゃないでしょうか
危機察知能力も高いですし、カバーリング能力もある
流石に本職じゃセリエで鳴らしただけはあります

キヴがCBで良いプレーをしたようにデキもCMFだと代表のカピターノたる所以を見せますね
スナとの相互関係も抜群でしたし、ここぞっというところで絶妙の攻撃参加
元々シュートもうまく視野も広い
ゲームをコントロールできるプレーヤーが他にいれば本来のプレーに専念できるし、本来の持ち味が出る
本職のCMFだとさらにやりやすさが増すのかな

あと一人マリオについて
少しづつではあれど、最近周りを使う意識が向上したよう感じますね
ちょっと前であれば自ら行き過ぎみすみすボールを失っていたであろう場面でパスを選択
少しづつなのでまだ直りきってはいないものの、兆候としてはこれはいいこと
ルビン戦で自信がついたんですかねぇ
な~んでだろう

結果として危なげなく準々決勝へ進出
スナのFKが決まったのをインテルで見るのは初めてな気が
難なく突破(という割りにはセットプレーの1点…)した格好ですが、次はユーべの可能性もある
まあまた噛ませ犬になってもらいますがね

ステファノビッチは次に期待します

あと先ほどCL決まりましたね

チェルシー

当たる可能性のあった相手では一番当たりたくなかったのは確かであり
またもプレミアの強豪

大方がインテル敗退を予想してるでしょう
チェルシーサポーターも図に乗ってるはず
下馬評は高くないほうがいい
いつまでもヘタレのインテルか
違いを見せてもらわねば。気迫と執念は誰にも負けないインテルを

勝てばビッグイヤーがいよいよハッキリ見えてくる
負ければ所詮まだその程度
またもこんな様なことになってしまいましたが、なった以上勝つ気で
勝てないと思うのはバルサだけ(いずれ倒すが)
チェルシーは決して勝てない相手じゃ無い。いける
[ 2009/12/19 03:33 ] 木っ端やらなんやら | トラックバック(-) | CM(2)

第16節 VSベルガモ(アタランタですよー) 

atalanta-e_20091215012044.gif VS inter-e_20091215012109.gif


  1    -   1

・ティリボッキ  ・プリンチペ
-----------------------------------------------
124171_R.jpg

124185_R.jpg

61jrt0x_R.jpg


124204_R.jpg
124208_R.jpg
61ok0x_R.jpg
610ssx_R.jpg

まさに鬼門

結果としてスナ退場の影響が出ちゃったということでしょう
退場前後通してチーム全体の運動量は多く、10人になった後も人数のギャップを埋められていただけに勿体無い
あの退場はどうなんでしょうね
610x_R_20091215014730.jpg

確かにスナは接触してしまいましたが…
意図的にとは感じられないし
まあなってしまったものはなってしまったものなのでこれは受け止めるしかない
少し疑問は残りそうですけど

しかし失点シーンにはこちらにも原因がある
フリーの状態で簡単にパスを通してしまい、ルシオは不用意に足を出してしまった
ちょくちょくありますね

ルシオの軽率な判断というかミスが少し気になります

最後の猛攻でもう少しエトーの位置で納まれば
しかし、アタランタの気迫も大したものでした
同点後は絶対に入れさせないという気持ちがこもってましたね~
プロヴィンチャのクラブはこうなったら厄介

10人となった後は、少し高さの欠如が見え隠れ
その辺は1月に何か起こるかな
ロングボールやクロスが繋がらないとなると、厳しい

またエトーが中々ゴール前でプレー出来ないのも痛い
610kox_R.jpg

バックからビルドアップしていく時、ウェズが下がってボールを貰わざるを得ないため
エトーが下がってサポートへまわることになる
現時点ではこれが機能しており、最もいいわけですがやはりもう一人パスの出せるプレーヤー
ゲームをコントロールできるような選手がいればエトー本来のエリアでプレーできるでしょうし
より"嗅覚"というものが活きる気がするんですよね
まあこれは私的に感じたことであり、絶対に変わるとは言えないんですが…

あとは、左サイドの不安定さが気になりましたかね
キヴはもっと厳しくチェックへ行くべき
深い位置でゆとりを与えすぎな印象
狙ってクロスを出せる時間をプレゼントしては中が大変ですよ
1歩違えば2点目も有り得ただけに問題
CBの方が合ってるんですよね やっぱり
ファーストチョイスはやっぱりキヴ?攻守両面で頼りないキヴよりは攻撃面で光っていたカピタンの方が。。


不満という不満もなかっただけに、ドローが悔やまれ残念ですが
ま~ライバル達が勝手に負けてくれたんで助かった
べッぺも言ってましたけどこっちが足踏みしてるときに来なきゃね
スクデットを本当に狙ってるのかな
もっと白熱させてくださいよ
[ 2009/12/15 02:18 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(2)

CL GL最終節 VSルビン・カザン 

無題_R

123977_R.jpg

61w0x_R_20091212010626.jpg

ff610x_R.jpg


610Aax_R.jpg
61aa0x_R.jpg
6xz10x_R.jpg
123992_R.jpg
kj610x_R.jpg
610ssssx_R.jpg
123997_R.jpg
123986_R.jpg


123990_R.jpg




02610x_R.jpg

610x_R_20091211051134.jpg
610ix_R.jpg
6waw10x_R.jpg
e_R.jpg

絶対に負けてはいけないということで注目度もプレッシャーも高かったこの試合

スタメンにはクチュの名が無い!
さらに3トップ
どうなることかと思いましたよ。。

が、予想とは反しインテルは開始から復帰したスナやモッタ、デキが円滑にボールを運ぶ
流石スナは良く分かってます
123981_R.jpg

モッタもですけどね
いいポジションでうまくボールを引き出してくれる
まだパスはズレ気味でしたが。

まあ試合勘や慣れの問題もあるでしょうからこの辺は仕方ないでしょう
いずれにせよ存在感は絶大
良くも悪くも欠かせない

攻撃面に関してはゴール前でのシーンこそ中々創らせてもらえませんでしたが、
スムーズにボールも周り感触としては中々いいリズムかなという印象でした
一方ディフェンスでは、マークのズレやボールウォッチャーな部分が
きっちりそこを狙ってくるルビンも巧いですが、そういう所を使われピンチを迎えると厳しい
特にカピタンのポジション
左は何度か崩されハラハラ
大丈夫なのかカピターノと多少ナーバスになってしまいましたね
しかし、1得点目の突破
すぐに見返してくれました
攻撃面では

守備面では中へ気をとられすぎたのか全体を通して対応が甘かった様に思います
もっと寄せるべきだったかと
結構使われていたし、ルビンにとってはそこからチャンスが生まれていましたから

ただ攻撃ではSBとして存分に攻撃力を発揮した印象ですね
稀に見るほどスルスルと抜きマイコン以上に輝きを放ってたんじゃないかな
124002_R.jpg

それにしても途中から入ったクチュに加えスナ、モッタの中盤は安心できますね~
デキも良かったですがやはりクチュは違うな
欲を言えばモッタはもう少しショートパスの精度を高めてもらいたいところですが
しかしそれも贅沢でしょう
今はこれでも十分

スナ、クチュの2人が揃うとかなりクオリティーが上がる
なによりも信頼が置け安心できるのは大きい

なに?裏を返せばムンタリやヴィエラには信頼が置けないってこと?
それは否定できない…

いやですが、今回はムンタリも悪くなかったでしょう
勝ったからといって言ってるわけではなく
恒例となってるパスミスも見られませんでしたし、ダイレクトプレーもギリギリとはいえ出来ていた

90分となるとどこかでミスを犯していたでしょうが途中からなら悪くない
まあこの試合だけでは判断できないだけに、まだ分かりませんが
もっと正確性さえ身に付けば。

そうそう勝利の立役者マリオ
123988_R.jpg

結果的に大貢献したのは間違いないでしょう
しかし、まだエゴが邪魔をしてるのは否めない
なまじテクがあるというのは良いのか悪いのか
もう少し利他的なプレーというかゴールへ繋がるプレーの選択が必要
性格はともかくとして、その辺さえ身に付けばもっと上へいけるはず
勿体無いな~と感じてしまう
FKは素直に凄いと感じますけどね
スーペルマリオを久々見ましたよ

で、結果今年も2位通過
ディナモが勝てば…
と言っても仕方が無い
GLの組み合わせが決まったときからこれも覚悟していたこと
問題はないでしょう

1位通過チームでは、ヴィオラ・バルサとは当たらないわけですが
チェルシーやユナイテッドなどのプレミア勢やセビージャ、マドリーのリーガ勢など強敵そろい
しかしその中でもセビージャは怖いですね
爆発力も秘め、全ポジションレベルが高い
ボルドーもバイヤン、ユーべのグループを負けなしの1位突破ということで侮れませんがそれでも
当たるならばこことがいいんじゃないでしょうか
なんだかんだでユナイテッド、チェルシーは優勝候補ですしプレミア勢とは出来るだけ当たりたくない


まあしかし、当たることになっても別にいいですけど
[ 2009/12/11 05:17 ] CL | トラックバック(-) | CM(1)

第15節 VS縞馬(まあユベントス) 

inter-e_20091206155355.gif VS juventus-e_20091206155332.gif


  1    -   2

・エトー     ・きえっりーに
         ・まるきじお
-----------------------------------------------
   123787_R.jpg

6sa10x_R.jpg


123809_R.jpg
123807_R.jpg
123806_R_20091206155818.jpg
610x_R_20091206155836.jpg
6a10x_R.jpg

ブザマ
なんという醜態

マイコン、スナというインテルというチームの核
攻撃のキーマンを欠き多少迫力がなくなるというのは予想済み
手詰まりになる場面もあるだろうとは思ってました

けど、全体を通してそうなってしまうと

いや手詰まりというかみすみす失っていた感じでしょうか
ビルドアップの段階で中盤でのパスミスによりボールロスト
ここで保持し周りの上がりを待ちたいという場面で、ああいう失い方はよろしくない
無論ボールロストということ自体がいいことではないんですが、自分達のミスでというのはムカッ腹がたつ
ピッチがかなりスリッピーだったという部分もそりゃあります
ですが、それは両チーム同じこと
初歩的なミスで失ってちゃ話になりもしない

奪われた後相手の攻撃に対し、受身になりすぎたのも敗因かもしれません
結果ズルズルと引かされることになり、奪っても自軍の深い位置
ここからパスワークでトップへ運べれれば楽な展開に持ち込めたでしょう

が、ユーべがハイプレスをかけてきていた為どうしてもクリアボールになる
自軍内でボールを失いたくは無いですしね

しかし、クリアしてもトップには高さがない 
つまりクリアボールを拾えない
マイボールの時間が短く守備に時間をとられると段々難しくなるのは当然

両サイドには迫力が無く後手、後手に…
この辺はマイコンの不在を心底感じましたね…’(リカルド…)
トップでエトーが引き出そうとするも、そもそもがそこまで届かない
スムーズにいく場面は一かけらも無かった様に思いますよ

先ほども言いましたけど確かにキーマンとなる人物を欠いていたのは確か
でも、それにしても不甲斐ない

いないならいないなりの戦い方 カバーの仕方がある

こうも極端にレベルが低くなるとね。。

苦しい場面でも突破口を見出すプレーヤー
その重要性は多大…

誰を欠いてもそうはレベルの落ちない
チームとして完成度が高くなきゃ大耳なんて獲れませんて
積極的な若手起用なんていうのは鳴りを潜めてますし…
穴が出来ればその穴を埋める
そういうプレーヤーが下から出てくることほど理想的なことはないはず。

まあ全部が全部とはいいませんが、トップ下なんかはスナ以外パサーがいないし
トップはポストワーカーがいない
そういった部分でもっと思い切った起用をしてもいいんじゃないかと

ムンタリのポジションもそう
動きは悪くないですが、足元がおぼつかずスタメンを任せるには欠点だらけの選手
代表選手でもあり、価値も認められてる選手だとは思いますが最近はもういい加減限界な気が…
ビッグクラブの器じゃないのかもしれません…
123793_R.jpg
下部上がりならなんでもいいというわけじゃありませんし、使えばいいってもんじゃない
そうは思いますけどもっとチャンスも与えて欲しい
ジョゼのお眼鏡に適う選手がいないといえばそれまでですが、折角獲得したアルナなんて…
流れを変えることが出来た選手かもしれない
たらればになっちゃいますけどね
昨季のサントンの様な例が見たい
木っ端が始まればまた違のかな

とにかく、この試合は本当にあまりにも酷かった
昨季を思い出しましたね
マイコンを欠いていた分昨季より酷かったかも
前線へ運べない、最低なパスミス、放り込み…
昨季はそれでもイブラヒモビッチが決めてましたが、今はいない

勿論スナやマイコンがいれば違いますが、大事な試合で昨季の個頼りのサッカーをすべきじゃなかった

でも、
不利要素は実際多かったですから
むしろフルメンバーのユーべに1点差だったということ
悲観はしなくてもいいでしょう

もうとにもかくにも次
次を見る
今回は名前だけがインテルだった

ユベントスには借りを返す

psユベントスは今までもクソ嫌いでしたが、そういう範疇を超えました
[ 2009/12/06 17:25 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)

第14節 VS紫(つまりヴィオラ) 

inter-e_20091201015615.gif VS fiorentina-e_20091201015653.gif


  1    -   0

・ディエゴ
-----------------------------------------------
123642_R.jpg

6aaa10x_R.jpg

6q10x_R.jpg


123618_R.jpg

6r10x_R.jpg
610x_R_20091201020120.jpg
sdg_R.jpg
61w0x_R.jpg
123637_R.jpg

覚醒するか?するのか覚醒?

先日のヴィオラ戦
嫌な敗戦を喫したバルサ戦(気分悪くて書けなかった)の直後ということで、雰囲気等
気になってましたがスコアレスで終わらせなかったのは大きい

スタートは433でエトー、王子、リカルドのトリデンテ
予想外だったもので初めは442かなにかと思ってました
リカルドの先発
この時点では色々皆さん思ってたでしょう
ていうか自分は思ってました
この試合大丈夫かと

スナもおらず毎度フィットしない433でボールすら回せないんではと不安不安

しかし、開始からスピーディーな攻撃
リッキーもまさかの好調
123656_R.jpg

失礼ですが夢かと思った

なんていったってサイドで相手をホンロウしている!

いやまさかまさか
その後もいつもの焦りを見せず、パスミスや判断ミスも無し
なによりも"敵を抜く"ということが出来てましたね
最後はフカして足をつった様で心配ですが、全体で見れば普段とは一味も二味も違う姿
いつもがいつもなだけに普通のことでさえ驚いてるってのは確かですが

もちろんクアレスマばっかり良かったというわけでは無く
ディフェンス陣はさすがの安定感でエリア内で簡単にプレーさせずバイタルエリアもきっちりカバー
ジラにパーフェクトなターンをされたシーンはやられたと思いましたけど
ああいう部分を見てもやはりスピードの無さは怖いポイントだと感じますね
何度も言ってるわけですがやっぱ気になるもんはなるんです はい

サイドでプレーしたエトーは割と下がり目に位置
スナがいない分前へ運ぶことが難しいためボールを受け預けて上がるという動きを見せていました
この辺でクチュ、デキ、ムンタリはうまく機能してたと思います

そうそのムンタリ
6e10x_R.jpg

クアレスマと2大巨頭のダメダメと認知されてましたが、やっぱり動き自体は悪くないんですよね
433の中盤としては改善されていたし、サイドへ開きうまくパスコースも創りながらビルドアップもこなしてましたし
結局一番の問題はキックの質ということになっちゃう
シュートにせよパスにせよ狙いから常にズレてる
元々司令塔でポーツマスでもそのポジションでやってただけに苦手なはずはないんですが
でも苦手なんでしょうかね?
ポーツマス時代はどうだったのか気になってきますよ

エトーはボックス内での活躍こそ中々みられませんでしたが、
おそらく任されたであろう役割からすれば十分じゃないでしょうか。
123639_R.jpg

最後の1vs1はガックリでしたが、まあフレイもよく止めた

でもやはり決めるところは決める選手であってもらわないといけない
あれだけ完璧な1vs1では逆に緊張して難しいというのも分からなくはないんですけどね。。

まあとにかく今回は様々な展開でゴールへ迫り、守備面でもほぼ崩されなかった
あともうすこしが遠くなかなか形として出てきませんでしたが
最後の最後できちんとポイントが獲れ良かった


433もこのクアレスマが健在で、かつスナがいればどうなるか
まだマイコンとリカルドの補完性という部分が若干不安ですが
今はこのリカルドを維持してくれることに期待
[ 2009/12/01 02:59 ] インテル 09~10 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。