スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コッパ・イタリア準決勝 2ndLeg 

inter-e_20090424131240.gif VS sampdoria-e_20090424131259.gif


   1  -  0 

・イブラ 
-----------------------------------------------
capt_7d3bd006011f46d8be0db83639122aae_italy_soccer_italian_cup_xap105.jpg

capt_photo_1240520828456-1-0.jpg


115870_R.jpg

1stLegの時点で覚悟済み
コッパで敗退したことより重要なことを実践できたことが大きかったと思う
例えば、最後まで勝利を狙う姿勢
貪欲に執念を見せ続けた

1stの時より何倍もいいフットボールをしたこともいい要素

前半こそ、システムへの戸惑いからか相手のチェックの早さからか
簡単にボールを失い余計なピンチを招いてしまう嫌な流れだったものの
後半にかけては先制点が効いたのか流れを掴み終盤にも猛攻を見せてくれた

悔やまれるは、個人的なミスによって幾つかのチャンスをフイにしてしまったこと
トッラプミスやパスミスなどしょうもない事によってカウンターを喰らう場面もあり
余計で残念

特にヴィエラは全くといっていいほど良いプレーが無く…
持ち前のキープ力は見られず、奪われてばかり
ダイナミックな攻め上がりも鳴りを潜め完全なる平凡的プレーヤーに成り下がっていた
どんどん雑になってしまっていたし
クルスも同様にここぞでミスが目立つ
前述のしょうもないミスも多発してしまい更にジョゼの信頼を落とす格好に。。

もはや限界と割り切るを得ない

逆にインテルが誇るヤングプレーヤー
マリオ、サントンは一貫したパフォーマンスで十分なものだった

マリオは段々とプレーに軽さというものが見られなくなってきていますね
時折集中力を欠いてる様にも思いますが、
サイドを駆け上がるスピード
フィジカルは特筆すべきものがありました
この日確実にチームに有益なオプションとなっていましたね

サントンも日に日に成長しているかのごとく右SBで躍動
プリマ時代のコツを思い出したのか本来の働きを見せてくれました

こういう結果を見ると、やはり冷静にチームのことを考え
若返りをすべき時なのかもしれません
今までチームを支え続けてくれた選手でも

この日は客観的に見て
アグレッシブかつ、攻守の移り変わりが激しい見応えある試合だったと思う
インテルの終盤にかけての運動量は頼もしいもの
1stの時が嘘の様に

コッパからは敗退になりましたがこういう内容で良かった

この力を発揮し続ける事ができればいいんですが…
とにかくホームで一矢報いることが出来てホッとしました


追記: Goodbye

長い付き合い
辛抱に辛抱を重ね移籍の噂が絶えない時も結局残留してきたアド
遂にさようならです
capt_638148ea4d424d739e08274dda24747b_italy_soccer_italian_cup_xac104_20090425002402.jpg

非常に不本意な終わり方ですが、これでよかったんでしょう
15億節約出来たそうです
これを元手に新たな核をゲットしましょう モラ会長!
前向きに!
スポンサーサイト
[ 2009/04/24 13:48 ] 木っ端やらなんやら | トラックバック(-) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。