スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

UCL10-11 GL組み合わせ決定 & マリオ 


昨季の歓喜が未だ忘れられない現状ですが
新たなCLはもう始まるみたいです
133994_ブログ用1


ということで、プレーオフが終わり本戦出場チームが確定
今日、GLドローが行われ、各クラブの対戦相手が決まりました

が、その前に昨季の UEFA Club Footballer of the Year について

まずは

GK
・ジュリオ
・ロリス
・ヴァルデスが選出されたこの部門

もちろん受賞はジュリオ
133954_ブログ用1

続いて

DF
・ルシオ
・マイコン
・ピケが選出

インテル勢2人どっちかなという感じだったこちら
受賞はマイコンとなりました
133964_ブログ用1

さらに続いて

MF
・シャビ
・ロッベン
・スナイデルが選出

これはもう、発表するまでもなく
スナ様
133971_ブログ用1

そして

FW
・メッシ
・ミリート
・ルーニーが選出

メッシも有り得るかも…
と少し心配でしたが、ミリートが受賞
133980_ブログ用1

最後に年間最優秀選手賞
全てのポジションを統合してのNo1
こちらは見事ミリートが受賞
133982_ブログ用1

全部門でインテルのプレーヤーが独占
134009_ブログ用1


いや~いい光景
素晴らしい

ドロー前のこの発表
毎度毎度妬みの気持ちで見てましたが…
いやはや今回は最高でしたね
133970_ブログ用1

134016_ブログ用1


では、ここからGL組み合わせについて
もう面倒くさいのでパッパと

グループはA

もちろんポット1から、インテル

そして肝心の相手
ポット2では、個人的にパナシ、バレンシア、OM、マドリーとはやりたくなかったですが
結果はブレーメン
x610-1_ブログ用1

プレーオフで、サンプを下し上がってきたブレーメン
一昨季は大分苦しめられました
今夏エジルが抜けたことで、戦力の弱体化が予想されますが
マリンやピサロといった曲者がおり、またインテルも狙っていたウェズレイも獲得済み
アルニーもいます
x610-2_ブログ用1

まだまだ強いことには間違いない
ですが、決して嫌ではない

続いてポット3
ここでは、スパルタク、アヤックス、トッテナムが当たりたくない相手
しかし、ドロー結果はトッテナム
610x_ブログ用1

間違いなくポット3では最も強い
FWでは、デフォー
MFでは、モドリッチやレノン、ベイル
DFでは、ドーソンやキング
GKではゴメス
各ポジションに、ビッグクラブ並みの戦力が揃っており、軸もしっかりとしている
クラウチやクラニチャルなど、オプションも多彩で、控えも充実
難しい相手になることでしょう

が、しかし
スパルタクと当たらなかったのは幸い

さらに続いてポット4
ブルサ、ルビンが避けたかった相手でしたが
決まったのは、トゥウェンテ
610x-1_ブログ用1

オランダ王者との対戦となりました
なるほどそうきたかと
昨季初のリーグ優勝を、果たしたトゥウェンテ
やはり要注意はルイスでしょう
昨季のスカッドであれば、ヌクフォ・ティオテも怖い存在でしたが今はいない
監督もマクラーレンからプロドームに代わり、どうなるかといったところ
正直ルビンでなく、良かったです
トゥウェンテはリーグ王者であり、舐めてはかかれない相手でしょうが、負けてはいけない相手でもある
確実に勝ち点を勝ち取っていかなければいけない
もちろん舐めることなく


色々と不安もありましたが、終わってみると、そこそこじゃないかな~と
厳しい厳しいとは言われてるみたいですが、王者ならこのレベルのグループは突破できなきゃ
最悪ではないですからね
地理的にも楽
難しく、タフであることに間違いはないでしょうが、楽しみ

どいつもこいつも、王者を倒すという高いモチベーションで挑んでくるはず
慢心することなく、今季も自分たちはチャレンジャーなんだという気持ちで迎え撃って欲しい

134004_ブログ用1

現実的ではないかもしれないけど…
やっぱり今季もあのシーンが見たいぞ

134006_ブログ用1


で、マリオに関して
かなーり遅いですが、なんだかんだとあった移籍劇もようやく決着
移籍金2800万+ボーナス(実質3000万€?)でシティへと移籍

Udinese+Calcio+v+FC+Inter+Milan+Serie+7c75TYmwK05l_ブログ用1

Mario-Balotelli_ブログ用1

デビュー当時はねえ
若々しくて、溌剌で限界がない。これぞインテルの未来って感じだったんですが…
デビュー戦VSユーべでのドッピエッタなんて忘れられません…
徐々に徐々に、変な方向へと進んでしまい代理人がライオラになって、結局
代理人が変わった時点でもう、インテルに気持ちは無かったんでしょう
悔しさや無念さも、勿論あります
が、ライオラとはもう縁を切ってほしかったですし、実際そうして良かった
特別で、貴重な才能だったことは確か
しかし、それとですら代えがたいものがあったわけであり、こうなることも仕方がない

3000万もの大金をありがとう スーペルマリオー
610x-4_ブログ用1
代表で頑張って

610x-2_ブログ用1
バイバイさよなら


x610_ブログ用1
インテルは、スーパーカップをゲットすることにするよ
スポンサーサイト
[ 2010/08/27 17:58 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)

移籍関連~レスマさんなど 

遅いっちゃ遅いですが、そんなことは置いといて

まずは放出

クアレスマが730万€でベシクタシュへ

36F43EFC-0370-1A4A-439F5CE41A174352_ブログ用1

0+a+quaresma+inter+chelsea+barcelona+porto_ブログ用1

article-0-0346D9BF000005DC-408_306x407_ブログ用1

quaresma_104014_ブログ用1

2000万€ほどかけたクアレスマでしたが…
終わってみればその半額の価値も示せず
残念でした 本当に
期待していましたし、加入当初はウキウキもしていた
しかし… やはりメンタル面なのでしょうか
ヴィオラ戦で輝いた時はここからか!と夢が膨らんでいたものです
あの時怪我さえしていなければ…
しかしそれもたられば
いつか

Ricardo_Quaresma1_ブログ用1

この姿を取り戻してくれることでしょう
一ファンとして、消えていってもらいたくは無い
頑張れ


次は加入

カステラッツィがフリーで加入
2012年までの2年契約

nxkfa8_ブログ用1

CASTE_ブログ用1

NEWS_1254160169_castellazzi_ブログ用1

頼もしいGK
バックアッパーにはもったいないレベルでしょう
トルドーネが引退し、フロント入りするようなので、こういう選手がまた控えてくれているというのは
安心感という面でも大きい
ジュリオとは相思相愛でもあるようなので、互いに切磋琢磨してくれることと思います


これはまだ不透明ではありますが…
パルマからビアビアニーが加入

biabiany-getty-797x1024_ブログ用1

091011082642_Biabiany-3_ブログ用1

091011082930_Biabiany-4_ブログ用1

108063_ブログ用1

あのスピードと一瞬のキレは交代の切り札的にも扱えるはず
クラブが戦力として計算しているのか、はたまたトレード要因としてみているのか
その辺がまだ不安要素ではありますが…
私的には対戦時に見たあのパフォーマンスには衝撃を受けましたし、是非期待をかけてあげてもらいたい
マリオ、サントン、ビアビアニー、パンデフが並ぶことなんてあれば…
ヨダレ垂れちゃう

あとはマリガの保有権の完全買取くらいでしょうか

ヒメはテルナーナへリターン
残念ではありますが、仕方ない
クアレスマ同様このまま終わって欲しくはありませんね
まだまだ潜在能力は秘めているはず
同じ言葉で申し訳ないですが… 頑張って欲しい
[ 2010/07/04 18:16 ] インテル 移籍関連 | トラックバック(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。